• HOME
  • 暮らし
  • コミュニケーション復活なるか 注目のオジキャラ付箋とは

コミュニケーション復活なるか 注目のオジキャラ付箋とは

名古屋市に本社を構えるシー・エム・バーが11月3日の「いいオッサンの日」にちなんで、好奇心旺盛な中年ビジネスマンをモデルにしたキャラクター「Mr.FIGURE(ミスターフィギュア)」の立体付箋を発売しました。一体どんなキャラクターでしょうか。

ウイットに富んだひと言をつぶやきながら全国行脚

 「殺伐とした世の中にクスッという笑いを!」

 名古屋市に本社を構えるシー・エム・バーが11月3日の「いいオッサンの日」にちなんで、好奇心旺盛な中年ビジネスマンをモデルにしたキャラクター「Mr.FIGURE(ミスターフィギュア)」の立体付箋を発売しました。20枚入りで300円(税抜き)。40代以上の読者が7割を占めるオトナンサーではさっそく、この商品に注目してみました。

 開発の背景にあるのは、IT環境の発達によって薄れつつある、人と人とのつながりを取り戻していきたいという思い。付箋でちょっとしたメッセージを送り、「いつもと違うコミュニケーションを図るツール」として使ってほしいとのこと。普段はあまり本音を出さずに会話をしている、上司や部下に対しても効果があるかもしれません。

女子高生にも人気が出始めているキャラ

 ミスターフィギュアは、日本全国を巡りながらさまざまなシチュエーションで、ウイットに富んだひと言をつぶやくキャラクター設定。時には、愛犬のチャーチルと共に海外にも出かけて行きます。身長5.8センチで、ストライプスーツとヒゲがトレードマーク。最近は人気雑誌の年間表紙デザインなどにも登場し、ひそかな注目を浴びているようです。なんと女子高生の間でも密かな人気になりつつあるとか。

 シー・エム・バーは11月3日~12月31日の約2カ月間、ウイットのあるひと言を募集するキャンペーンを開催しています。さまざまなシチュエーションのミスターフィギュアに対して、オリジナルのウイットなひと言を投稿できます。詳細は、下記サイトを参照してください。

http://mr-figure.com/cp/

(オトナンサー編集部)