オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 福山通運、日曜の集荷・配達中止へ 10月から人手不足や働き方改革で 物流大手初

福山通運、日曜の集荷・配達中止へ 10月から人手不足や働き方改革で 物流大手初

福山通運が、10月から順次、日曜日の荷物の集荷・配達を取りやめることを発表しました。

日曜の集荷・配達を中止する(福山通運ホームページより)
日曜の集荷・配達を中止する(福山通運ホームページより)

 物流大手の福山通運(広島県福山市)は10月から順次、日曜日の荷物の集荷・配達を取りやめることを9月21日に発表しました。人手不足が深刻で働き方改革も叫ばれる中、トラック運転手が休みやすい環境を作り、人材確保につなげることを狙います。日曜を配達の定休日とするのは、物流大手では初の取り組みです。

チャーター便や引っ越しは対応

 福山通運の担当者によると、新規顧客からの日曜集荷・配達の受注は10月に停止し、現在取引がある顧客に対しては2019年1月から日曜のサービスをやめます。福山通運における通常配送の日曜配達の売上高は配達全体の1%程度で、運転手や仕分け作業員の稼働効率が平日と比べて低かったこともあり、中止に踏み切りました。

 なお、チャーター便や引っ越し、ルート配送など一部のサービスは日曜日の配達を継続します。事前に計画が立てやすいサービスに絞ることで、人手の確保を図ります。支店・営業所への荷物の持ち込みや引き取りについても、一部の支店・営業所を除いて日曜日も対応します。

 福山通運はトラック陸運業界で売上高5位で、全国に約400の営業所・支店があります。

 担当者は「日曜の集荷・配達は40年近く続けてきたサービスで営業の武器の一つであり、やめたくはないのですが、今の世の中の流れ、働き方改革などを踏まえて運営しないと営業ができなくなってしまいます。ただ、人手不足などの状況が変われば、再開したいという思いはあります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします」と話しています。

(報道チーム)

コメント