オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 「帰宅恐怖症」の夫たち マイルール妻にうつ病にされた30歳会社員・妻の嫉妬に悩む40歳経営者

「帰宅恐怖症」の夫たち マイルール妻にうつ病にされた30歳会社員・妻の嫉妬に悩む40歳経営者

「帰宅恐怖症」の男性が増えているといいます。その実態や予防法について、夫婦問題カウンセラーが解説します。

「帰宅恐怖症」に悩む男性が増加中?
「帰宅恐怖症」に悩む男性が増加中?

 現代の夫婦が抱えるリアルな悩みについて、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんが解説します。今回のテーマは「帰宅恐怖症」の夫です。

「帰宅恐怖症」とは?

「帰宅恐怖症」の男性が増えています。私は年間200人くらいの男性から夫婦問題に関する相談を受けますが、5人に2人は帰宅恐怖症とその予備軍です。

 帰宅恐怖症とは、妻の態度や暴言に恐怖を感じ、妻のいる自宅へ帰ることを苦痛に感じたり、帰ることができなくなってしまったりする症状のことです。妻が起きている時間帯に帰りたくないため、進んで残業をするようになったり、居酒屋で飲んでから帰宅したりします。

 早く家に帰って体を休めたいのに、いざ仕事を終えて帰宅しようとすると、動悸(どうき)がしたり、不安感に襲われたりするという人も少なくありません。

「しっかりした彼女」に惚れて結婚

「家に帰るのがつらいです。もうどうしたらいいか分かりません」

 初回カウンセリングにやって来た会社員の小林隆さん(仮名・30歳)は、疲れ切った顔で言いました。その憔悴(しょうすい)ぶりは、これまでたくさんの「結婚に疲れた人」と向き合ってきた私も、心配になるほどでした。

 隆さんは結婚2年目。奥様の美希さん(仮名・32歳)とは友人の紹介で知り合い、交際に発展したそうです。

「付き合って半年だからこのお店に行きましょう」「メールは10分以内に返信してほしい」「エアコンの温度は28度より下げないで」

 お付き合いを続ける中で、「ちょっと口うるさい女性だな」と思うこともあったといいます。それでも、「しっかりしていて助かる」「うるさいくらいの姉さん女房の方が、優柔不断なところがある自分には合っている」と感じた隆さんは、「30歳までには結婚したい」と話していた美希さんにプロポーズ。交際1年半で結婚に至ったのです。

 異変は同居を始めてすぐに現れました。

「歯磨きは3分」「洗濯物はタオルから干す」「調味料のストックは1つまで」

 美希さんは、とにかく「マイルールが多い」女性だったのです。小林さんがそのルールから少しでもずれたことをすると、容赦ありません。

「この前も言ったでしょ!」「何度言ったら分かってくれるの!」

 家にいる間中、妻に怒られ続ける日々が始まりました。

「家に帰ろうとすると具合が悪くなるんです。車の中でゲームをして時間を潰したり、妻が寝るまで漫画喫茶で過ごしたりしています」

 こうした夫の変化を感じ取った美希さんは、余計神経質になってしまったのでしょう。

「シャンプーボトルの置き場が1センチずれている」「洗面所に髪の毛が1本落ちていた」「脱いだスリッパがそろっていない」

 気になったこと、目についたことをひたすら隆さんに注意し続け、ヒートアップすると「何で分かってくれないの!」と怒鳴り散らすようになってしまったのです。

「まだ2年目なのでやり直したいが、限界かもしれない」

 3回目のカウンセリングの際、隆さんは言いました。当初は「何としても離婚は避けたい」というご希望だったため、私も何とかお二人の関係が改善するよう尽力していましたが、正直なところ、隆さんのお話を聞けば聞くほど、このケースの場合、夫婦関係の修復や正常化は難しいと感じるようになっていました。

 というのも、どうやら美希さんのご両親も「物の置き場が1センチでもずれていると気になるタイプ」だというのです。そのような家庭で育った美希さんが、「自分に非がある」と理解し、歩み寄るのは難しいでしょう。美希さん自身には、「夫をいじめている」という意識は全くないからです。

 両親に大事に育てられ、成人してからも両親と距離の近い女性の中には、結婚相手と一緒に“新しい家庭を築く”という意識の希薄な人が少なくありません。自分の育った家庭をモデルケースとして捉え、「幸せになるためには、自分の両親のような家庭を築かなければならない」と思い込んでいるのです。

「正しいことをできない夫が悪いから、教え込まないといけない」と考える美希さんと、「細かいルールを押し付ける妻が異常だから逃げたい」と感じる隆さんが一緒に暮らし続けるのは、お互いにとって大きな負担となります。

 とうとう、隆さんはうつになってしまい、心療内科にかかるようになりました。医師からも、妻がストレスの原因と指摘された隆さんは、美希さんとの離婚を決意。小林夫妻の結婚生活は3年で幕を閉じることになったのです。

1 2 3 4

高草木陽光(たかくさぎ・はるみ)

HaRuカウンセリングオフィス代表、夫婦問題カウンセラー

7年間で約7000人のカウンセリングを行い、夫婦問題・家族問題で悩む人の心に寄り添いながら、解決に向けての手伝いをしている。美容師、育毛カウンセラーを経て、その後、結婚して専業主婦となったが、夫の束縛や価値観の押し付けに違和感を覚え、「結婚生活とは何か」を深く考え始める。その後、「離婚カウンセラー」の職業があることを知り、自分たち夫婦や、夫婦関係で悩んでいる人たちのために、必ず役に立つと確信。2009年に「NPO法人 日本家族問題相談連盟」の認定資格を取得し、夫婦問題カウンセラーとなる。「直そうとしないで、わかろうとするカウンセリング」をモットーに日々活動中。著書に「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」(左右社)がある。HaRuカウンセリングオフィス公式サイト(http://haru-counseling.com/)。