オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • ある探偵事務所が3月を“不倫・浮気調査強化月間”にする理由

ある探偵事務所が3月を“不倫・浮気調査強化月間”にする理由

浮気調査を行う、ある探偵事務所が3月を「不倫・浮気調査強化月間」と位置付けていることがネット上で話題に。3月の不倫や浮気の実態について同事務所に取材すると――。

3月は不倫や浮気をする人が増える時期?

 3月は、男女が不倫・浮気の関係になりやすい時期――。浮気調査などを行う原一探偵事務所(全国18拠点)は3月を「不倫・浮気調査強化月間」と位置付け、相談員・調査員を増員するなど調査体制を強化しています。この取り組みはネット上などでも話題となり「新人が増える時期だからだろう」「逆に終わらせた」「不倫や浮気に季節は関係ない」などさまざまな意見が上がっています。オトナンサー編集部では、同事務所広報企画部の平木麻美さんに3月の不倫・浮気について聞きました。

ホワイトデーや転勤がきっかけに

Q.3月の不倫・浮気に関する相談件数は、他の月よりもどれくらい多いのでしょうか。

平木さん「浮気に関する相談件数は、リスティングなどを含めて広告の出し方によっても増減があるので、純粋な相談件数としての集計はなく、現在集計方法を変えて正しい数値を計測しているところです。しかし、相談員が受ける浮気の相談で『ホワイトデーがきっかけで』『職場で転勤が決まってから』『異動で同じ部署になった女性』などのように、3月という時期がきっかけで不倫・浮気に発展するケースは多いです。不倫・浮気は早く対処することが“泥沼化”させないためのポイントでもあるため、3月を不倫・浮気調査強化月間とし、早めに芽を摘むことを推進しています」

Q.この時期に不倫・浮気の相談が増える要因は何ですか。

平木さん「『ホワイトデーなど女性を誘うきっかけができる』『年度末達成会や歓送迎会など部署でお酒を飲む機会が増える』『転勤や人事異動により、社内での新しい出会いがある』などが考えられます」

Q.この時期の相談内容に見られる特徴はあるのでしょうか。

平木さん「働く女性が珍しくなくなった昨今、不倫相談の中でも社内不倫は大変多いです。妻の不倫相談に来る夫も増加しています。この時期をきっかけとする相談内容の特徴としては『ホワイトデーにそわそわとしている様子から、不倫の疑いを持った』『ホワイトデーに明らかにデート(プレゼント)をしているのが分かり発覚』『異動や転勤、出張後からパートナーの様子が変わり、春~夏には確信に』『異動や転勤、出張後から帰りが遅くなったり、宿泊が増加したりしている』『(名前を聞いたことのない)女性と、頻繁に連絡を取るようになり、会う約束をしている』などがあります」

Q.最近の、不倫・浮気を『する側』の傾向について教えてください。

平木さん「不倫・浮気で多いのは相変わらず職場です。また、女性の不倫・浮気に関する相談も増加しています。女性の浮気は完璧に隠そうとする傾向があるため、パートナーへの発覚は男性よりもバレにくいようで、発覚した時には既に手遅れのケースもあります。『不倫=既婚者との体の関係』ということが広く知られているためか、パートナーに不倫がバレても体の関係を拒否したり、結婚していたことを知らなかったと言いわけをしたりするケースも多いです」

Q.一方で、不倫・浮気を『される側』についてはどうですか。

平木さん「確信がある上で調査を依頼している人が多いです。近年『文春砲』でも話題になったLINEの流出に見られるように、LINEやメッセージなどから不倫・浮気が発覚するケースは相変わらず多く、『会う日にち』『行動パターン』をある程度把握するために、あえて泳がせているパートナーも多いようです。最近ではスマホに加えて、GPS付きの子ども用携帯や小型のGPS、カーナビ、ドライブレコーダーを駆使している方も多くいます。昔よりも、不倫・浮気を発見した時に何をするとよいか(悪いか)をよく理解している方が多いのは、有名人の不倫報道などもあって、不倫・浮気への対処法に関する情報が増加したことも一つの要因かと思います」

Q.パートナーの不倫を発見した場合、どう振る舞うのがよいのでしょうか。

平木さん「パートナーの不倫を発見したものの確たる証拠がない場合、すぐに相手を問い詰めない方がよい場合もあります。カッとなり、すぐに事実確認をして相手のことを聞き出したくなる気持ちも分かりますが、バレたと分かると証拠隠滅をしたり、警戒を強めたりする方が多いです。関係再構築と離婚、いずれの場合にも大切なのは不貞の証拠です。言い逃れできず、裁判になった時にも使える証拠をしっかり押さえることが大切です」

平木さん「しかし、自分で証拠を取ろうとGPSをつけたり、携帯電話の履歴をチェックしたりしたことがバレて、プライバシーの侵害をたてにされたケースもあります。何より、相手が警戒心を強めることで取れたはずの証拠が取れなくなることもあります。弊事務所では、これまでにさまざまな不倫の証拠を押さえており、依頼者様のご要望に沿った調査を行っているので、悩む前に専門家にご相談ください」

(ライフスタイルチーム)