オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

富士通の駅伝優勝旗紛失問題 通常、保管はどうなされている? 過去にも事例?

ニューイヤー駅伝の「優勝旗」が所在不明になっています。優勝旗や優勝カップは通常、どのように保管しているのでしょうか。また、紛失や盗難で有名な事例はあるのでしょうか。

所在不明になっているニューイヤー駅伝の優勝旗(2021年1月、時事)
所在不明になっているニューイヤー駅伝の優勝旗(2021年1月、時事)

 2021年1月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で優勝した富士通が12月16日、優勝旗が所在不明になっていると発表しました。優勝旗は本来、次回大会で返すべきもので、来年1月1日の大会時には間に合わない可能性が高いようです。

 11月下旬に返還準備を始めて、見つからないことに気付いたそうですが、優勝旗や優勝カップは通常、どのように保管しているものなのでしょうか。また、優勝旗などの紛失や盗難で有名な事例はあるのでしょうか。プロ野球の球団業務にも携わったことがある、一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事の江頭満正さんに聞きました。

サッカーW杯は何度も盗難

Q.プロ野球球団や実業団チームなどが受けた優勝旗や優勝カップは一般的に、どのように保管するのでしょうか。

江頭さん「優勝旗や優勝カップは関係者のモチベーションアップのため、多くの人の目につく場所で、ガラス製のショーケースなどの中に飾られることが多いです。特に実業団スポーツでは、社外へ向けた広告宣伝という意味合いと、社内の従業員へ向けた愛社精神の醸成が重要な目的となります。心理学で『栄光浴』と呼ばれるもので、アメリカの心理学者ロバート・チャルディーニ氏が行った実験があります。

自分が通っている大学のフットボールチームの成績によって、『当事者かどうか』の自己認識が変化するという傾向が見られました。具体的には、優勝すると『私たちは優勝した』という表現を使い、成績がよくないと『彼ら』という表現を使ったのです。優勝した場合、フットボール部に全く関係のない学生も『自分は優勝した組織の一員である』とアピールするという現象です。

この心理学的効果を使って、従業員に『自分は優勝した組織の一員で、第三者から羨望(せんぼう)のまなざしで見られる』と自己認識させるのです。高校などでは来客出入り口の近くに大きなショーケースがあり、その中にトロフィーや盾が並んでいる光景をよく目にします。これも栄光浴を内外に与える効果があります」

Q.管理責任者は一般的に誰なのでしょうか。

江頭さん「スポーツ組織の『長』になります。プロスポーツなら球団社長ですし、実業団スポーツなら事業部長、もしくは部長になります。富士通の場合、執行役員常務が記者会見をしていましたが、組織図上での立場で会見をしたと思われます。現実には富士通陸上競技部部長が管理責任者と思われます」

Q.過去の有名な紛失事例があれば教えてください。

江頭さん「紛失も時々ありますが、盗難の方が有名な事例が多いです。世界的に見ると、優勝トロフィーやメダルを狙った犯罪が幾つも報告されています。FIFAワールドカップのトロフィーは何度か盗難に遭い、現在のトロフィーは盗難後に制作された2代目です。最初は1966年の大会前、一般公開されていた際に盗難に遭い、その後発見されました。2度目は1970年にブラジルが3回目の優勝を成し遂げ、カップ永久保持権を得てから13年後のことです。

1983年、ブラジルサッカー連盟での展示中、盗難に遭い、犯人は密告により逮捕されました。1人はブラジルサッカー連盟に自由に出入り可能な立場にある人物で、1人はアルゼンチンの自称彫刻家。犯人は計4人と警察から発表されましたが、肝心のカップは『溶かして売却した』と犯行グループは証言したそうです。

最近では、イギリスのサッカー選手リース・ジェイムズさんが所有するUEFAチャンピオンズリーグ優勝メダルやEURO2020の準優勝メダルが盗難の被害に遭っています。2021年9月16日のAP通信によると、リース・ジェイムズさんが所属チームのチェルシーの試合に出場している間に、自宅の金庫が持ち去られたとのことです。

自宅の監視カメラにはその様子の一部が写っており、ジェイムズ選手はその動画をインスタグラムで公開。『イギリス中のサッカーを愛する人が犯人逮捕に協力してくれるだろう』と、あまり落ち込んだ様子ではなかったと報道されています」

Q.こういったもののコレクターもいるのでしょうか。

江頭さん「スポーツのトロフィーやメダルにはコレクターが存在し、水面下で高額で取引されているとの報道もあります。コレクターはオークションで、アスリートから直接メダルを購入することも近年は行われるようになりました」

富士通優勝でもう1年所有権を

Q.優勝旗や優勝カップは大事な物とはいえ、単なる「モノ」という見方もあります。「優勝した事実が大事なのであって、優勝旗や優勝カップにそれほど意味はない」という意見もあるようです。

江頭さん「授与された後、所有権が永続的にあるものと、優勝旗のように、次の大会で返還する必要があるものとで大きく性格が異なります。返還する必要がある優勝旗やカップは立派に制作された『モノ』としての価値だけでなく、過去に優勝したチーム、あるいは個人の『思い』や『物語』が積み重なっています。

今回紛失した優勝旗は約30年、使われて来たとの報道もあります。何人のアスリートと監督がこの優勝旗と一緒に写真に収まったのでしょう。優勝報告会など、多くの場面で栄光の象徴として使われ、優勝旗を見て、胸を熱くした全ての人に今回の事態はショックを与えてしまったと思います。亡くなられた人の形見のように、仮に『モノ』を復元しても戻らないことが幾つもあるでしょう。

一方、授与されたものは団体やアスリートの所有物ですので、オークションに出品すること(賛成できませんが)も、たんすの奥にしまっておくことも、博物館に寄贈することもできます。スポーツマンシップの視点から言えば、現代のメダリストや国際大会優勝者はHEROであり、偉人です。エジソンやキュリー夫人は時代が異なりすぎて、子どもたちに感銘を与える影響力が低下し、生きる道しるべとしてはピンと来なくなってしまいました。

王貞治さんや山下泰裕さんら、世界で尊敬され、行動も模範的なアスリートが現代のHEROであり、偉人になりつつあります。こういった人たちは、博物館にメダルやトロフィーなどが展示され、後進のアスリートをモノを通して勇気づけています。福岡市にある『王貞治ベースボールミュージアム』には、日本で最初の国民栄誉賞の賞状が展示されています。

それ以外にも、100を超えるカップや盾、メダルが並んでいます。このようにスポーツの持つさまざまな影響力を示すために、有効に使っていただくのが最も好ましいと思います」

Q.富士通は2022年元日に開かれるニューイヤー駅伝に登場しますが、紛失騒ぎで、所属選手が一番困惑しているかもしれません。

江頭さん「優勝旗は返還が必要な伝統的なものです。2022年1月のニューイヤー駅伝には、再制作が間に合わないと報道されています。執行役員常務が謝罪会見を行いましたので、富士通としてできることはしたと思います。富士通にはぜひ、2022年のニューイヤー駅伝で優勝して、もう1年、優勝旗の保管権を獲得していただきたいですね。

そして、2022年の1年間をかけて、素晴らしい優勝旗を制作し、関係各位に承認していただくのが最も理想的な結末だと思います。今回の紛失問題のダメージを最小限にするためにも、富士通陸上競技部選手の奮闘に期待します」

(オトナンサー編集部)

江頭満正(えとう・みつまさ)

独立行政法人理化学研究所客員研究員、一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事

2000年、「クラフトマックス」代表取締役としてプロ野球携帯公式サイト事業を開始し、2002年、7球団と契約。2006年、事業を売却してスポーツ経営学研究者に。2009年から2021年3月まで尚美学園大学准教授。現在は、独立行政法人理化学研究所の客員研究員を務めるほか、一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事、音楽フェス主催事業者らが設立した「野外ミュージックフェスコンソーシアム」協力者としても名を連ねている。

コメント