オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • IT
  • 正しく言える? 「ケータイ」「ガラケー」「スマホ」「iPhone」の関係性

正しく言える? 「ケータイ」「ガラケー」「スマホ」「iPhone」の関係性

「ケータイ」「ガラケー」「スマホ」「iPhone」。今や、当たり前のように使われているこれら4つの言葉ですが、その関係性をどう捉えるかは人によってさまざまなパターンがあるようです。

スマホはケータイ? iPhoneはスマホ?

3つの「認識パターン」が話題に

 SNS上で先日、「ケータイ」「ガラケー」「スマホ」「iPhone」の関係性をめぐる3つの「認識パターン」が話題になりました。そのパターンとは以下の通りです。

【パターンA】 

 携帯電話、いわゆる「ケータイ」は「ガラケー」「スマホ」に大別される。「iPhone」は「スマホ」に含まれる。

【パターンB】 

「ケータイ」=「ガラケー」である。それとは別に「スマホ」が存在。「iPhone」は「スマホ」に含まれる。

【パターンC】 

「ケータイ」=「ガラケー」である。それとは別に「スマホ」と「iPhone」が存在。「iPhone」が独立しているのが、パターンBとの違い。

 これについて「各キャリアの公式見解を聞いてみたい」「ガラケーもスマホも『携帯電話』」「パターンCの方って結構多い」などの意見が寄せられましたが、専門家の見方はどのようなものでしょうか。プロイノベーション代表取締役で、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師の久原健司さんによると、ケータイ、ガラケー、スマホ、iPhoneはそれぞれ以下のものを指します。

「ケータイ」=携帯電話の別称で、移動しながらの通話が可能な「電話サービス」

「ガラケー」=ガラパゴスケータイの別称で、日本で独自に進化した「携帯電話」 

「スマホ」=スマートフォンの別称で、携帯機器用OSを備えた「携帯電話」 

「iPhone」=米アップル社の携帯機器用OSであるiOSを備えた「スマートフォン」

「つまり、正解はパターンA。ただし、ここで重要なのは、パターンBやパターンCの認識パターンがどうして広がっているのか、ということ。たいてい、スマホアプリのことを話している場合に、それらの認識パターンに基づいた会話が行われることが多いようです」(久原さん)

 久原さんは先日、次のような会話を耳にしたといいます。

Aさん:インスタグラムやっていますか。

Bさん:私「ケータイ」なんだよね。

(※インスタグラムはスマホで使用可能なアプリ)

「Aさんが質問した時点で、二人にはすでにパターンBの認識パターンが成り立っており、Aさんは心の中で『スマホもケータイなんだけどな』と思ったかもしれませんが、インスタグラムができない環境であることが伝わったため、会話が成立したのです」

Cさん:Sprayscapeって面白いよね。 

Dさん:私「iPhone」だから使ったことないんだよね。

(※Sprayscapeは「GooglePlay」からダウンロードできるカメラアプリ)

「同様に、Cさんが質問した時点で、二人にはすでにパターンCの認識パターンが成り立っている、と言えるのではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)

久原健司(くはら・けんじ)

株式会社プロイノベーション代表取締役、JAPRO認定講師

1978年生まれ。2001年東海大学工学部通信工学科卒業後、ITの人材派遣会社に入社。大手コンビニエンスストアのPOSシステム保守運用業務を担当する。2003年からソフトウェア開発会社で、システムエンジニアとして、大手通信会社のWebアプリケーションシステム開発など多くの業務に携わるも、2006年、小さい頃からの夢であった独立を決意。2007年(29歳)に株式会社プロイノベーションを設立し、当時としては珍しいオブジェクト指向によるモデリング開発でのサービス提供を始める。現在は、代表取締役を務める傍らで、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師として、IT企業中心に研修などを行っている。株式会社プロイノベーション(http://www.proinnv.com/)。