オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

コンプライアンスは無縁? テレビがエロやタバコNGで「お酒」だけOKの理由

「表現の自由を取り戻す」静かな闘い

 表現の幅が狭くなっていることに疑問を抱いているテレビマンは多く、知人のバラエティー番組プロデューサーは「飲酒シーンを自主規制し始めたらテレビはおしまい」「そんなことをしていたら、表現の自由なCSや動画配信サービスに視聴者を取られてしまう」と話します。

 また、もし自主規制されたら、視聴者も「それはやりすぎ」と批判の声を上げるのではないでしょうか。若年層を中心に「お酒離れ」が進んでいることもあり、将来的な行方はわかりませんが、当面はお酒に関する自主規制はなさそうです。

 最後に触れておきたいのは、今夏スタートのドラマで登場人物の喫煙シーンが続いていること。「黒革の手帖」(テレビ朝日系)「ハロー張りネズミ」(TBS系)「僕たちがやりました」(フジテレビ系)で喫煙シーンが見られました。

 これは「細部の自主規制よりも、役柄の個性を重視しよう」という狙いによるものですが、「このままではいけない」というテレビマンの危機意識もある気がします。このような変化がドラマだけでなく、すべての番組にも波及していくのか。「表現の自由」を取り戻すべく、テレビマンの静かな闘いはこれからも続いていくでしょう。

(コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志)

1 2 3

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、コンサルタント、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間30本前後のコラムを寄稿するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアー、人間関係のコンサルタントとしても活動中。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント