オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「金田一」5代目・美雪は上白石萌歌 川口春奈、上野樹里ら“歴代美雪”がすごかった

なにわ男子の道枝駿佑さんが“5代目・金田一一”を演じる日本テレビ系連続ドラマ「金田一少年の事件簿」がいよいよスタート。そして、ヒロインとなる“5代目・七瀬美雪”を上白石萌歌さんが演じます。歴代の美雪を演じてきた、そうそうたる顔ぶれを振り返ります。

上白石萌歌さん(2022年1月、時事通信フォト)
上白石萌歌さん(2022年1月、時事通信フォト)

 アイドルグループ・なにわ男子の道枝駿佑さんが主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「金田一少年の事件簿」(毎週日曜 後10:30)がいよいよスタートします。同ドラマは、名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生の金田一一(きんだいち・はじめ)が、祖父譲りの推理力で難事件を解決するさまを描く人気シリーズで、道枝さんが5代目の金田一一を演じます。

 また、人気キャラクターの一人として挙げられるのが、ヒロインの七瀬美雪。最新作では、上白石萌歌さんが美雪を演じます。そこで、これまでに美雪を演じた役者たちを振り返っていきます。

ともさかりえが初代をキュートに、鈴木杏は甘え上手な美雪を体現

 同ドラマの主人公である一は、これまで堂本剛さん、松本潤さん、亀梨和也さん、山田涼介さんが演じてきました。一方、原作での美雪は才色兼備の高校生で、学校では生徒会長を務め、ミステリー研究会と演劇部の部長を兼任しているというキャラクター。幼なじみの一とは“友達以上、恋人未満”の関係として描かれています。

 堂本さん演じる初代・一を描いたシリーズで美雪を演じたのは、ともさかりえさんでした。りんとした性格で、文武両道の美少女として生徒たちの憧れの的となっている上、実は姉御肌という美雪を、ともさかさんは天真らんまんに表現。ユニークな発言やコミカルな動きを見せる堂本さんに対して、キュートな表情や言動で軽妙なやりとりを見せ、人気を集めました。

 松本さん演じる2代目のシリーズでは、鈴木杏さんが美雪を演じました。同シリーズでの一は、原作のひょうきんな性格とは異なり、少しだけクールな性格に落とし込まれて描かれました。そんな一を頼りにする美雪は、どこか甘え上手な一面があり、鈴木さんは声色やしぐさを巧みに操って体現。松本さんとも抜群のコンビネーションを見せて、視聴者を楽しませました。

上野樹里は厳しい性格の美雪、川口春奈は活発なイメージで表現

 亀梨さん扮(ふん)する3代目の一は、お調子者で事件に関わることに対して消極的、祖父を嫌っているという設定でした。上野樹里さんが演じた同シリーズの美雪は、自他ともに厳しい性格で、殺人事件が起きても、われ関せずの一に発破をかける存在として登場。ハキハキとした言動で一を奮い立たせながら、事件に巻き込まれると弱気な面を見せるなど、上野さんがメリハリを付けて表現した新たな美雪像が話題となりました。

 山田さんが4代目を演じたシリーズで美雪役を務めたのは、川口春奈さん。一は、女好きでひょうきん、勉強が苦手な設定でしたが、美雪は明るく正義感の強い優等生として描かれました。劇中では、失言をした一に美雪が腹を立てて強烈なビンタを浴びせる姿もあり、川口さんが活発な美雪像を打ち出して視聴者から熱視線を浴びました。

 さて、道枝さんが5代目を演じる新シリーズでは、上白石さんが美雪を演じます。今回の美雪は生徒会長を務める優等生で、一に好意を抱いているという設定。そして、一とともにさまざまな事件に巻き込まれます。

 上白石さんが、どんな演技で新たな美雪像を打ち出すのか期待が高まります。初回は30分拡大版で、きょう午後10時にスタートです。

(オトナンサー編集部)

コメント