オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

欅坂46抜き打ちでヴィトン発見 プレゼントから見るアイドルの「持ち物」事情

「本当にありがたい」プレゼント

 過去にも、写真好きなアイドルが30万円以上もするプロ用の一眼レフカメラを買ったことをSNSで報告したところ、大部分のファンは好意的に受け取りましたが、一部から分不相応と批判を受けたケースがありました。好きな写真を撮るために一生懸命お金を貯めてカメラを買うことは、普通は美談になるはずですが、そう受け取らない人もいるということです。まだ若年のアイドルとはいえ人を相手にする職業のつらいところと言えます。

 さらに豪華な服やブランド物は、すでに成功したタレントをイメージさせるものであり、発展途上の女の子に似合うアイテムとは言えません。だからこそ、実際には高いものを1~2点持っていても、けっして人目につく場所では着用・使用しないように気をつけているアイドルもいます。

 一概にアイドルといっても生活事情はピンキリ。一部のメジャーアイドルには、事務所が借りた高級マンションでゴージャスなプライベートを満喫している人もいるでしょうが、一方では、アルバイトをしながらアイドルを続けているクラスの女の子もいます。彼女たちにとっては、たとえば化粧品など実用品のプレゼントは仕事にも生かせるため、本当にありがたいことでしょう。何事も程度問題とは、このことでしょうか。

(ライター、フォトグラファー 志和浩司)

1 2 3

志和浩司(しわ・こうじ)

ライター、フォトグラファー

1980年代にカメラマンとしてデビュー。90年代から各種紙媒体の編集に携わり、その後、モバイルサイトを経て新聞や雑誌、ウェブメディアなどでエンタメを中心に取材。CBCラジオ「丹野みどりのよりどりっ!」などのラジオ、テレビ番組出演も多数。芸能分野ではアイドルから演歌歌手、スポーツ選手までを幅広くインタビューしている。

コメント