オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • けやき坂46、日本武道館3daysに3万人が熱狂 単独アルバム決定に涙も…

けやき坂46、日本武道館3daysに3万人が熱狂 単独アルバム決定に涙も…

アイドルグループ・けやき坂46の日本武道館公演が1月30日~2月1日の3日間開催され、計3万人が熱狂しました。

日本武道館公演を成功させた、けやき坂46

 アイドルグループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)の日本武道館公演が1月30日~2月1日の3日間開催され、計3万人が熱狂しました。

 けやき坂46は、遅れてグループへの加入が決定した長濱ねるさんの合流とともに発足が決まり、「サイレントマジョリティー」(2016年4月6日)リリースの約1カ月後、2016年5月8日に11人のオーディション合格者とともに誕生。着実に人気と実力を積み重ね、2017年3月からは欅坂46に先駆けて全国ツアーを開催するなど人気を拡大しつつあります。

 公演では、サーカスのようなステージが組まれ、会場はけやき坂46の持ち味である“ハッピーオーラ”に。初のオリジナル曲である「ひらがなけやき」、欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」を披露し、会場のボルテージは高まっていきます。中盤、長濱ねるさんのソロ曲「100年待てば」を1期生メンバー全員でカバー。MCでは佐々木久美さんが「大好きな長濱ねるちゃんの曲をカバーできてうれしかったです!」と喜びました。

 さらに、2期生が呼び込まれダンスパフォーマンスで自己紹介をすると、乃木坂46のカバー曲を披露。初日「おいでシャンプー」、2日目「君の名は希望」、3日目「制服のマネキン」と、先輩グループの代表曲を堂々とパフォーマンスします。終盤、けやき坂46初主演ドラマの主題歌「それでも歩いてる」で聴かせると、「永遠の白線」「手を繋いで帰ろうか」「誰よりも高く跳べ!」のアップナンバーで会場は大熱狂に包まれ、「太陽は見上げる人を選ばない」で本編は幕を閉じました。

 アンコールは、けやき坂46のこれまでを振り返るVTRから、新曲「イマニミテイロ」を披露。影山優佳さんのシャウトから「世界には愛しかない」そして「W-KEYAKIZAKAの詩」で締めくくられました。最終日は「イマニミテイロ」が終わると、けやき坂46単独アルバムのリリースがサプライズ発表され、涙するメンバーの姿もありました。

(オトナンサー編集部)

1 2