オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • すっかり定番! 「ハイボール」の名前の由来を聞いてみた

すっかり定番! 「ハイボール」の名前の由来を聞いてみた

一杯目のお酒としても定着した「ハイボール」。その爽快な味わいのファンという方も多いはずですが、そもそも、ウイスキーをソーダで割ったお酒をなぜハイボールと呼ぶのでしょうか。ブームの火付け役であるサントリーに取材しました。

ハイボールの名前の由来とは

 ウイスキーをソーダで割ったお酒「ハイボール」。アルコール度数の高いウイスキーが飲みやすくなるお酒として近年、すっかり定着しており、居酒屋へ行くと「とりあえずハイボール」の人も増えています。しかし、そもそもなぜ、ウイスキーのソーダ割りはハイボールと呼ばれるのでしょうか。

 オトナンサー編集部では、サントリーホールディングス(HD)広報部の長門祐也さんに聞きました。

「ゴルフ場説」と「ボール信号機説」

 長門さんによると、ハイボールという名前の由来には諸説がありますが、有力なものは以下の2つです。

【スコットランドのゴルフ場説】 

 スコットランドのゴルフ場で、当時珍しかったウイスキーのソーダ割りを飲んでいた英国紳士がマスターにこの飲み物の名前を尋ねていたところ、高々と打ち上げられたゴルフボールが飛んできて、マスターが思わず「ハイ・ボール(高い球)だ!」と言ったものが、そのまま定着したという説。

【米国の鉄道のボール信号機説】

 19世紀米国の鉄道では、長い棒にボールを吊るした「ボール信号機」が使われていました。信号係がボールを上に高く掲げると「ハイ・ボール(進行)」、下げると「ロー・ボール(停止)」の意味でしたが、とある駅にウイスキーのソーダ割りを飲みながら仕事をしていた信号係がおり、出発のたびに「ハイ・ボール!」と叫んでいたことから、その飲み物もハイボールになったという説。

 ほかにも、ソーダから上昇する泡をボールに見立ててハイボールと呼んだという「ソーダの泡説」もあるそうです。

1 2