• HOME
  • 豪華だけど簡単! 誰でも作れる「おもてなしサラダ」レシピ

豪華だけど簡単! 誰でも作れる「おもてなしサラダ」レシピ

普段は、メインディッシュを引き立てる脇役的な存在の「サラダ」。しかし、工夫次第では、パーティー用などの「おもてなしサラダ」に生まれ変わります。今回は、そのためのコツとレシピをご紹介します。

豪華な「おもてなしサラダ」を作るコツとは

【ポイント1】豪華に見える食材を使う

 メニューの中では、どうしても脇役的なポジションになりがちな「サラダ」ですが、ホームパーティーなどのシーンでは、サラダにこだわりが見えるだけで、一気におもてなしムードが高まります。

 今回は、普段は脇役のサラダを、おもてなしに映える豪華なサラダにバージョンアップするコツとレシピをご紹介します。

 まず、普段のサラダを「おもてなしサラダ」にバージョンアップするために大切なのは、食材選びです。お客さまがどんなものを喜ぶかがポイントになります。

【少し値の張る食材をプラスする】

 脇役として登場するサラダでは使わない、やや高価な食材はそれだけで特別感が感じられます。

 たとえば「鯛のお刺身をマリネ風に」「ムール貝の酒蒸しを添える」「ローストビーフを少量使う」など、メイン料理になりうる存在感のものを使えば、サラダが豪華になること間違いなしです。

【珍しい食材をプラスする】

 高価ではなくても、普段はあまり使わない、珍しいものを使ってもインパクトがあり、呼ばれた側はうれしいものです。その珍しさが、サラダを豪華に見せるための一つの要素になるとも言えます。

 たとえば、トッピングにカッテージチーズを使ったり、イクラをのせたり、海ブドウやオリーブの実を用いたりしてもよいでしょう。トッピングには、少し塩分のあるものや、食感や香りが楽しめるものを使うと、普段と違ったニュアンスが楽しめます。

 ランプフィッシュキャビアをご存じでしょうか。いわゆる「偽キャビア」で、キャビアとよく似ていることから、回転寿司などでも出されますが、50グラム500円ほどの瓶詰めが輸入食材店などで販売されており、価格は本物の10分の1。こうした食材を利用するのもオススメです。

【主役の野菜を少し変えてみる】

 これはささやかな工夫ですが、普段のサラダに使う野菜を“プチチェンジ”するのも効果があります。

 たとえば「レタスをフリルレタスに変える」。これだけで、とてもおいしそうに感じることでしょう。クリスマスに流行したリースサラダにも使われていました。

 ほかにも、トマトを色とりどりのフルーツトマトに変えたり、タマネギを紫タマネギに変えたりすることで簡単に「いつもと違う」感を演出できます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。