オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「いきなり社長」と話題 いきなり!ステーキが「訳あり店舗」運営者募集、理由は?

「訳あり店」の運営者を募集する飲食店のポスターが話題となっています。なぜ、このようなポスターを掲載したのでしょうか。

「いきなり!ステーキ」の看板(2020年1月、時事)
「いきなり!ステーキ」の看板(2020年1月、時事)

 業績悪化で閉店が相次ぐステーキ専門店「いきなり!ステーキ」ですが、一部の店に掲示しているポスターがネット上で話題となりました。ポスターに、店を運営するペッパーフードサービス(東京都墨田区)の一瀬邦夫社長の写真、「いきなり経営者になるチャンス!」というキャッチコピー、「いきなり社長システム」「独自の独立システムで36名の社長が誕生!」「訳あり店舗を運営してもらいます!」といった文言が書かれているからです。

 ポスターについて、ネット上では「荒業」「いきなり社長システムやばい」などの声が上がっていますが、なぜ、「訳あり店舗」の運営者を募集しているのでしょうか。同社の広報担当者に聞きました。

経営感覚のある人を求めたい

Q.「いきなり経営者…」のポスターはいつから掲示しているのでしょうか。

担当者「2019年4月から、『いきなり!ステーキ』の一部直営店で掲示しています。なお、ポスターにある『社長システム』の基本契約を変更する計画があるため、ポスターの撤去を始めています」

Q.ポスターを掲示した狙いは。また、「訳あり店舗」とはどのような店なのでしょうか。「訳あり」ということでネット上では「いきなり地獄」「『いきなり倒産』する店ではないのか?」といった声も出ています。

担当者「訳あり店舗は売り上げが減少傾向にある店です。当社が大量出店してきた過程で“サラリーマン的”感覚を持つ店長が増え、当初想定していた『いきなり!ステーキ』の価値をお客さまに届けられない店舗が出てきました。

そこで、売り上げが減少傾向にあることを正直にお伝えした上で、経営感覚があり、当社社長の一瀬の経営哲学を共有していただける人に店舗運営を委託し、より充実した店舗づくりをしていただきたいと考えました」

Q.ポスターにある「開業資金300万円(保証金150万円含む)」「最低保証30万円」とはどういうことでしょうか。

担当者「開業資金300万円の内訳ですが、当社グループへの加盟金が150万円、保証金100万円、店舗で使う釣り銭50万円です。保証金と釣り銭の計150万円については、委託契約終了時に、店舗の水道光熱費、食材費など運営期間中の残存債権を引いた上で返金します。また、『最低保証30万円』とは、当社が店の運営をお任せする際の対価として契約期間中にお支払いするものです」

Q.ポスターが話題となったことで、募集状況などに変化はありましたか。

担当者「訳あり店舗の募集に関し、数件のお問い合わせを頂きました」

Q.この募集を「いきなり!ステーキ」全体の業績向上にどう結び付けようとしているのでしょうか。

担当者「先述したように、このポスターを掲示したのは、経営感覚のある人を募って不振店舗の運営をお任せし、より高いレベルの店舗運営を実現することで、最終的に多くのお客さまに喜んでいただきたいと考えたからです。なお、委託後に拡大した利益はそれぞれの店舗運営者に分配します。

募集に応じていただいた運営者は、不振店舗の売り上げを回復させることで大きなリターンを得ることができると考えております」

1 2

成田良爾(なりた・りょうじ)

飲食店経営コンサルタント

ヴィガーコーポレーション代表取締役。厚生労働省公認レストランサービス技能士(国家資格)、文部科学省後援サービス接遇検定準1級、食生活アドバイザー2級、他。飲食業界25年以上。ミシュランガイド掲載の高級レストランから個人経営の小さな大衆店まで幅広いジャンルの飲食店に携わり、その経験に基づく統計解析および枠にとらわれないアイデアで多くの赤字店を黒字化させてきた実績を持つ。「100年続く店づくり」をモットーに、次世代育成や飲食業の働き方改革などにも力を入れており、食文化普及の他、職業訓練校講師(フードビジネス科)や子育て女性就職支援事業講師なども歴任。現在も多くの飲食店経営者のサポートを手掛ける。飲食店専門のコンサルティング「オフィスヴィガー」HP(http://with-vigor.com/)。

コメント