オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

警察官「君の名は?」 いきなり職質されても意外と大丈夫なワケ

質問しつこければ、所属署に即クレームを

 それでは最後に、職務質問に付きものといえる所持品検査について、西原さんに聞いてみましょう。

「原則として拒むことはできますが、例外的に職務質問に伴う所持品検査は過去の判例上、捜索に至らない程度であれば、認められる場合があります」

 結局「君の名は?」と聞かれたら、どう振る舞うのがよいのでしょうか。

「そんな、なれなれしい警察官は無視して構いません。しつこい場合は所属警察署と氏名を聞いて、すぐにクレームを入れましょう」

(オトナンサー編集部)

1 2 3

西原正騎(にしはら・まさき)

弁護士

1975年東京都生まれ。中央大学法学部、立教大学法科大学院卒業。2009年弁護士登録(東京弁護士会登録)。インテグラル法律事務所パートナー弁護士。NPO法人遺言相続リーガルネットワーク所属。東京弁護士会法教育委員会委員、同委員会若手会員総合支援センター委員、日弁連高齢者・障害者権利支援センター幹事、日弁連若手弁護士サポートセンター幹事。日経ビジネスコラム、その他書籍多数執筆。相続や離婚など誰もが巻き込まれる可能性のある一般民事事件から中小企業の法務、経営の相談まで幅広く取り扱っている。趣味はラグビー、ダイビング。

コメント