• HOME
  • マナー
  • ゴルフ初心者が心得ておくべき基本マナー

ゴルフ初心者が心得ておくべき基本マナー

仕事の一環や健康維持などのためにゴルフをしている人、これからしようと考えている人は多いことでしょう。「紳士・淑女のスポーツ」であるゴルフは、スポーツの中でもとりわけマナーに気をつける必要があります。その基本編を紹介します。

「ゴルフのマナー」の基本とは…

 接待や社内コンペなど、仕事の一環としてゴルフをしている(しなければならない)人は多いはず。英国発祥で、「紳士・淑女による大人のスポーツ」と言われるゴルフには、細かいマナーやしきたりがたくさんあるため、その基本は抑えておきましょう。

 オトナンサー編集部では、NHKスペシャルドラマ「白州次郎」や大河ドラマなどのマナー指導を務め、28万部の著書「お仕事のマナーとコツ」などがある、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんに聞きました。

どんなスポーツよりも「気配り」が大切

1.服装

 紳士・淑女のスポーツといわれるゴルフは、襟のないシャツやジーンズは禁止とされています。男性はポロシャツとスラックス、女性は、スカートやスラックスが一般的です。そして、季節に応じたブレザーを持参していると、いざというときに安心です。ブレザー着用が必須のクラブもあります。

2.あいさつ

 初対面の人にも笑顔であいさつを交わすのが紳士・淑女。キャディーさんなどスタッフの方々にも、自分からあいさつすることを心がけます。客の立場でも、自分から心を開いてあいさつできる人は、心に余裕のある、素敵な人と評価されます。

3.素振り

 素振りをするときは、周囲に人がいないかを必ず確認してから行います。この確認を行わないと大事故などにつながる可能性があります。何よりも安全第一を心がけましょう。ラフ(草が深いエリア)で素振りをする際は、草を刈り取らないように気をつけます。

 マナーは物に対しても思いやりを持ち、丁寧に扱うことが必要です。この気持ちを意識することも大切です。また、草を刈り取ってしまうと、ラフの抵抗の度合いをテストする行為と見なされ、ペナルティーになる場合もあります。

1 2 3

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、相互をプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)、「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)、「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)など国内外で70冊以上。最新刊「運のいい人のマナー」(清流出版)が2017年2月21日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。