オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「子どものために離婚しない」選択は子どもを幸せにするか 離婚を歓迎する子も…

「離婚してもいいか」は忖度生む?

Q.離婚を検討している親が、子どもに「離婚してもいいか」と尋ねるケースもあるようです。

木村さん「私の相談者でも珍しくありません。親からすると、『子どもの気持ちも聞いておかなければ』という思いでしょうが、聞かれた子どもは『離婚してほしくない、と言ってほしいんだ』という親への“忖度(そんたく)”が働きます。

そう考えると、子どもに自分たち夫婦の離婚について単に尋ねるというのは、子どもに余計な気を使わせる可能性が出てきます。その答えを額面通り受け取り、『子どもは離婚してほしくないと言っている』という考えで行動すると、どこかで親子関係に無理が生じます。

そのため、親は『離婚していいか』と尋ねるのではなく、離婚する/しないの意思とその理由を伝えることが必要です。子どもはその言葉をもとに、自分の取るべき行動や言葉をはっきりと示します」

Q.子持ち夫婦が離婚を決断した際に求められる、子どもへの適切な伝え方とは。

木村さん「まず、『離婚=手段』と理解させましょう。『○○するために離婚する』『○○をすることが必要だから離婚を選ぶ』というように、離婚が喪失感を生むのではなく、違うものや環境を手に入れるための方法なのだと伝えるのです。

子どもにとっては、親の離婚によって何を得るのか、何が生み出されるのかを理解できれば『分かった』『応援する』という受け止め方になります。単に『離婚する』『もう家族一緒では暮らせない』という説明では、離婚をする意味が分からず、子どもはロスしか感じません。

親の離婚は子どもにとっても重要なことですから、そのプロセスや目的を明確にする姿勢が必要です。離婚に至るまでの経緯だけを伝え、その結果『やむなく離婚することになった』というのは絶対に避けるべきです。離婚という手続きを通して、物事には全て意味があるということを子どもに伝える大事な局面と捉えるべきです」

(オトナンサー編集部)

1 2

木村泰之(きむら・やすゆき)

夫婦カウンセラー

一般社団法人夫婦問題レスキュー隊代表理事。23年にわたるサラリーマン生活を経て夫婦カウンセラーとして独立。さまざまな夫婦の問題に悩む人たちに男性目線でのアドバイスを日々送り続け、これまでに3万人を超える夫婦問題のカウンセリングを行ってきた他、夫婦カウンセラー養成、セミナー、相談者交流会などさまざまな形でアドバイスや勇気、元気を渡す活動を行っている。一般社団法人夫婦問題レスキュー隊木村泰之ブログ(https://www.41-22.net/)。

コメント