オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 「焼き鳥」と「やきとり」には違いがあった! その理由を専門家に聞く

「焼き鳥」と「やきとり」には違いがあった! その理由を専門家に聞く

お店の人は違いを意識していない?

 つまり何を材料に使ってもいい「やきとり」ですが、遠藤さんによると、全国には以下のような珍しい「やきとり」があります。

・エゾシカ肉を使った「阿寒やきとり丼」(北海道・釧路)

・馬肉(福岡・久留米ほか)

・ししゃも(福岡・久留米、福岡・博多ほか)

・豚カシラ(埼玉・東松山)

・豚バラ(北海道・函館、東海地方)

 ししゃもまであるとは…驚きですね。

 ちなみに焼き鳥屋さんは実際に、「焼き鳥」と「やきとり」の区別を意識して店名などをつけているのでしょうか。遠藤さんによると、答えは「ノー」。そうした“ルール”が存在するわけではなく、「焼き鳥屋」で鳥肉以外が出されることも、「やきとり屋」で鳥肉しか出されないこともあるようです。

 遠藤さんは「お店を選ぶ際に重要なのは、『焼き鳥』と『やきとり』の区別ではなく、『博多~』『久留米~』といった地名でしょう」と話しています。

(オトナンサー編集部)

1 2