オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

あなたのお金は笑っていますか? 心の知能指数が「Happy Money」をつくる!

米国で話題となり、欧州など世界25カ国以上での発売も決まっている、本田健さんの著書「happy money」。その考え方の概要をご紹介します。

「お金のEQ」の考え方とは?
「お金のEQ」の考え方とは?

 日本でヒットして世界中で読まれている本はたくさんあります。谷崎潤一郎、川端康成などの純文学や村上春樹のような小説も人気です。しかし、これらは全て翻訳本。日本で人気が出て翻訳され、読まれるようになった本です。

 最近、米国で話題になっている本があります。「happy money」(米国サイモン&シュスター社)。6/13発表の「USA TODAY Best-Selling Books(米国ベストセラー)」で75位にランクインしています。これは、米国全土のランキングです。また、日本のアマゾンの洋書Happiness部門で1位、紀伊国屋書店の洋書部門で1位にランクインしています。

 著者は作家の本田健さん。この本は、欧州各国、アジア、中南米など世界25カ国以上での発売が既に決定しています。

本書のテーマ「お金のEQ」とは何か

 最初に、本書のテーマでもある「EQ」について説明します。EQ理論提唱者のピーター・サロベイ博士、ジョン・メイヤー博士が初めてEQを世に問うた論文「Emotional Intelligence(1990)」には次のように書かれています。

・ビジネスで成功するためには、IQだけでなくEQが必要である
・リーダーとして成功する人の多くは高いEQを備えている
・EQは学習や訓練によって伸ばすことのできる能力である

 筆者は当時、EQ JAPANのディレクターとして、営業、ソリューション、プロファイラーを統括する立場でEQ理論を普及させる活動にまい進していました。この組織は、EQ理論提唱者と共同研究をしていた世界唯一の研究機関です。

 従来、会社ではIQ(頭の良さ、偏差値)が重視されていました。ところが、IQの高さと仕事の成果には必ずしも相関関係がありませんでした。EQ(心の知能指数、情動知能)が高い人は社内でも人望があり、困ったときに周囲が手助けをしてくれたり、自らをセルフマネジメントすることにたけていたりすることが分かってきました。

 今回の「happy money」は、EQ理論の延長線上にあります。しかし、抽象的なものではなく、理論として成立している点が興味深いところです。本田さんは、お金のEQについて次のように解説します。どのような意味でしょうか。

「IQを高めて金持ちになったとしても、お金のEQが低ければ、人生を楽しんだりする心の余裕を持てません。どれだけお金を稼いでも、ためても、安心することができなくなるのです。大富豪ロックフェラーは、お金を失う心配で健康を害した時に、財団の構想を思いついたそうです。それ以後、彼が健康を取り戻し長寿を全うできたのは、このバランスが取れたためでしょう」(本田さん)

「金持ちになるためには、お金のIQばかりに目が向きがちですが、お金を使って何をしたいのかがはっきりしなければ、お金に振り回されるだけの人生になることを知る必要があります。お金のIQは、効率良くお金を稼いだり、手元にやってきたお金を上手に守るための知識に過ぎません。そのお金を使って人生を豊かにすることができなければ、お金には何の意味があるというのでしょうか」

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント