オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「フルーツ牛乳」が終了? 調べてみると…終売は明治だけ、他社はまだまだ健在!

「瓶入りの『フルーツ牛乳』が販売終了になる」と報じられ、銭湯ファンから嘆きの声が聞かれました。しかし、「フルーツ牛乳」自体は存続するようです。

販売を終了する「明治フルーツ」(明治提供)
販売を終了する「明治フルーツ」(明治提供)

 3月初め、「瓶入りの『フルーツ牛乳』が販売終了になる」というニュースが流れ、銭湯で「湯上がりの一本」を楽しむファンから嘆きの声が聞かれました。しかし、調べてみると、販売終了になるのは明治(東京都中央区)の「明治フルーツ」で、他のメーカーは販売を続けるようです。各社の「フルーツ牛乳」事情を取材しました。

健康志向を背景に苦戦

「フルーツ牛乳」はファンの間の通称で、正式には「牛乳」ではなく、フルーツの果汁と乳製品などを合わせた乳飲料や清涼飲料水を指します。「コーヒー牛乳」(こちらも通称)や牛乳とともに、銭湯の定番商品といえる存在ですが、銭湯そのものの減少などで、厳しい状況にあるようです。

 まず、リンゴ、バレンシアオレンジ、パイナップルなど6種類のフルーツとミルク(乳製品)をミックスした清涼飲料水「明治フルーツ」(180ミリリットル)の販売終了を明らかにした明治の広報担当者に聞きました。

Q.「明治フルーツ」は、いつ発売したのですか。

担当者「1958年9月です」

Q.販売終了時期は。

担当者「当社からの販売を、4月1日をもって終了させていただきます」

Q.販売終了の理由は。

担当者「中期的に販売量が減少しており、今回販売を終了させていただくこととなりました。一概にこれが理由、とは言いづらいのですが、健康志向を背景に、本商品のような嗜好(しこう)によった商品は苦戦を続けていました」

Q.銭湯での販売が多かったのでしょうか。

担当者「宅配や自動販売機、銭湯を含む温浴施設などで展開してきました。具体的なシェアは開示していないのですが、銭湯がメインというわけではありません」

Q.ペットボトルで「明治フルーツ」に似た商品を出すと聞きました。

担当者「新商品『フルーツ』(220ミリリットル)を主に自動販売機や宅配にて展開します。ちなみに、関東、中部、関西エリアでの販売となります」

1 2 3

コメント