オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • エンタメ
  • 芸能人の結婚報告は間違いだらけ? 初婚カップルが「入籍」を使えない理由

芸能人の結婚報告は間違いだらけ? 初婚カップルが「入籍」を使えない理由

最近も有名人の結婚が次々に報じられていますが、そこで「◯◯さんと入籍しました」という報告をよく目にします。「入籍」が「結婚」と同義に使われているようですが、本当のところはどうなのでしょうか。弁護士に取材しました。

「入籍」を「結婚」と同義に使うことは正しいのか…

 モデルの押切もえさん、女優の木村文乃さんをはじめ、最近も有名人の結婚のニュースが続いていますが、そうした記事でよく、「◯◯さんと入籍いたしました」という表現に出食わしませんか。

 記事本文は「入籍」なのに、見出しなどは「結婚」となっていて、さも「入籍=結婚」であるかのような印象を受けますが、本当にそうなのでしょうか。「=」であるとすれば、なぜ2つの言葉が使い分けられているのでしょうか。

「入籍」という言葉が気になった、オトナンサー編集部の記者が根掘り葉掘り、弁護士の先生に取材してみました。

「入籍」が多用される背景には何がある?

 今回、取材に応じてくれたのはアディーレ法律事務所の吉岡一誠弁護士です。

 吉岡さんによると、そもそも「入籍」は「戸籍筆頭者と結婚し、その人の姓を名乗って戸籍に入ること」。たとえば、離婚歴のある男性(戸籍筆頭者)と結婚する場合などが、これにあたります。

 離婚歴がある男性は戸籍筆頭者であることが多いため、離婚歴のある男性との結婚は、入籍にあたることが多いそう。しかし、「初婚同士の結婚は、原則的に新しい戸籍を作ることになるため入籍ではありません」。

 それにしては、初婚の芸能人が結婚を報告する場合でも、やたらと「入籍」という言葉が使われる気がします。その理由は何でしょうか。

 吉岡さんによると、旧民法における「家制度」は、女性は結婚によって男性の籍に入り、男性の姓を名乗ることを定めていたそう。そこから「結婚=入籍」という観念が残り、「現在も結婚を入籍と呼ぶ人が多いのです。家制度の根底には男尊女卑があるという人もいるため、入籍を使うことの是非を考えるべきかもしれません」。

1 2

吉岡一誠(よしおか・いっせい)

弁護士

東京弁護士会所属。関西学院大学法学部卒業、甲南大学法科大学院修了。弁護士法人アディーレ法律事務所。「友人がとても困っているのに、相談に乗ることしかできない自分自身」に憤りを覚え、弁護士になることを決意。現在は悩んでいる方のために、慰謝料問題や借金問題などを解決すべく日々奔走している。