オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ギネス記録1万円も…花粉シーズンの必需品「ティッシュペーパー」に高級化の波?

「セレブ」打ち出して大ヒット

改名し、ヒット商品に生まれ変わった「ネピア 鼻セレブ ティシュ」(王子ネピア提供)
改名し、ヒット商品に生まれ変わった「ネピア 鼻セレブ ティシュ」(王子ネピア提供)

 高級ティッシュの「元祖」といえるのが、王子ネピア(東京都中央区)が2004年に発売した「ネピア 鼻セレブ ティシュ」(オープン価格)です。化粧品にも使われる「天然グリセリン」などの保湿成分を配合し、しっとりとした肌触りが特徴です。パッケージには、かわいい動物の写真が使われ、ウサギやアザラシ、ペンギンなどのパターンがあります。

 マーケティング本部コンシューマーマーケティング部で部長代理を務める酒井亜紀さんに聞きました。

Q.商品開発の経緯を教えてください。

酒井さん「『鼻セレブ』は、1996年に発売した『ネピアモイスチャーティシュ』のネーミングとパッケージを変更した商品です。『鼻をかむ際に生じる肌への負担をいかに軽減するか』に着目して開発しましたが、当時は『保湿ティッシュ』というカテゴリーが確立しておらず、パッケージも店頭で目立たず、認知度が上がりませんでした。使用したお客さまから『使用感がとても良い』と好意的な声を頂きましたが、全体としては苦戦しました」

Q.どのように改良したのですか。

酒井さん「『保湿ティッシュ』という新しい商品自体を体験したことのないお客さまに試していただくため、思い切って、ネーミングとデザインを変更しました。『鼻』に使用する『ふわふわしてやわらかい、高級な』ティッシュであることをひと目で分かるようにするために、『鼻』+『セレブ』で『鼻セレブ』というネーミングにしました。また、『ふわふわした』『やわらかい』『白いティッシュ』のイメージを連想させるよう、白くてふわふわした動物の『鼻』を採用することにしました」

Q.商品の主なターゲット層は。市場は伸びているのでしょうか。

酒井さん「主に購入いただいているのは30~40代の女性です。しかし、10~20代の若い世代の男女にも購入いただいており、他の商品とは違って、幅広い世代のお客さまにご購入いただいています。保湿ティッシュの市場規模は『鼻セレブ』として発売した2004年以降、毎年拡大しています」

Q.「鼻セレブ」のシリーズもあるのですか。

酒井さん「『大人の鼻セレブティシュ』という、鼻セレブよりもさらに高品質の商品も2014年から販売しています。『大人の鼻セレブ』は『鼻セレブ』のティッシュを3枚重ねにし、独自の保湿成分もぜいたくに使用した逸品です。鼻セレブとはまた異なる使用感にご好評を頂いております」

 日本気象協会によると、2019年の各地の花粉の飛散量は、北海道、四国を除き、「多い」(中国地方)、「やや多い」(東北、関東甲信、北陸、東海、近畿、九州)という予想。花粉症で悩む人へのギフトとして、高級ティッシュを選ぶと喜ばれるかもしれません。

(オトナンサー編集部)

1 2 3 4

コメント