オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • エンタメ
  • 石原さとみさん「校閲ガール」、河野悦子は憧れの編集者になれるのか 「異動の約束」の法的意味

石原さとみさん「校閲ガール」、河野悦子は憧れの編集者になれるのか 「異動の約束」の法的意味

石原さとみさんが連続ドラマで演じている、編集者を夢見て奮闘する主人公が人気です。編集部志望だった主人公は校閲部に配属され、部長から「仕事ぶりが認められれば希望の部署に移れるかもしれない」と言われるのですが…。

異動に関する上司との約束はどこまで守られるのか…

 女優の石原さとみさんが主演する日本テレビ系連続ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の好調が伝えられています。

 同ドラマは、編集者に憧れて出版社に入社するも、誤字脱字などをチェックする校閲部に配属されてしまう主人公・河野悦子が持ち前のポジティブな性格で、さまざまな騒動を引き起こしていくストーリー。

 その初回では、編集部に配属されると思い込んでいた悦子が、校閲部部長の茸原(岸谷五朗さん)に猛抗議し、茸原から「仕事ぶりが認められれば希望の部署に移れるかもしれない」と言われるシーンが描かれました。

 オトナンサー編集部では今回、悦子のような会社員が上司から、異動(昇進)について“口約束”されることの法的意味について、アディーレ法律事務所の島田さくら弁護士に取材しました。

条件をつけた合意は無効になる

 島田さんは、今回の悦子の事例について「たとえ口約束であっても、人事権を持つ人が『条件を達成したら異動させる』と約束したのであれば、その約束は会社と労働者を拘束することになります」と話します。

 しかし悦子の場合、上司の茸原が「校閲部部長」に過ぎないため、編集部の人事にまで口出しできる権利を持っているわけではなく、「合意しても会社自体を拘束することにはならないでしょう」(島田さん)。

 さらに島田さんによると、茸原は「仕事ぶりが認められれば希望の部署に移れることもある」としか言っていないため、これで「異動に合意した」とするのは無理があるそう。仮に人事権のある人が「仕事ぶりが認められれば希望の部署に異動させる」と言い切ったとしても、「民法上、こうした条件をつけた合意は無効になるでしょう」。

1 2

島田さくら(しまだ・さくら)

弁護士

大阪大学大学院高等司法研究科卒業。司法修習第65期。東京弁護士会所属。元カレからのDVや、妊娠が発覚した翌日にカレから別れを告げられるなど、過去の“オトコ運の無さ”から来る波乱万丈な人生経験をもとに、悩める女性の強い味方として男女トラブルや債務整理、労働問題など身近な問題を得意分野とする。また、離婚等の豊富な知識を有する夫婦カウンセラー(JADP認定)、2級知的財産管理技能士の資格も有する。1児の母として子育てに奮闘するシングルマザー弁護士。報道・情報番組「キャスト」(ABC朝日放送)にレギュラーコメンテーターとして出演中。その他、各メディアで活躍。