オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「朝起きられない」は「睡眠不足」とは限らない 精神科医が指摘する“病気”の可能性

朝、なかなか起きられない場合、どのような要因が考えられるのでしょうか。精神科医に聞きました。

朝、なかなか起きられない要因は?
朝、なかなか起きられない要因は?

 起床時に布団やベッドからなかなか起き上がれないことはありませんか。一時的なものであれば問題ないかもしれませんが、その状態が何日も続くと病気の可能性を疑いたくなります。朝、起きられない場合、どのような要因が考えられるのでしょうか。「出雲いいじまクリニック」(島根県出雲市)院長で、精神科医・総合診療医の飯島慶郎さんに聞きました。

「うつ」「熟眠障害」の可能性

Q.起床時に布団やベッドからなかなか起き上がれないことがあります。この場合、どのような要因が考えられるのでしょうか。

飯島さん「朝、なかなか起きられないことを『起床困難』といいます。起床困難の要因は多岐にわたるため、『生活習慣による起床困難』と『精神疾患による起床困難』とを分けて考えるのが良いでしょう。

まずは生活習慣の側面から考えてみます。OECD(経済協力開発機構)の2021年の調査によると、『日本人の平均睡眠時間は7時間22分で、各国平均の8時間28分よりも1時間以上短く、33カ国の中で最も短い』という結果が出ています。

この睡眠時間は、日本人の睡眠に関する疫学研究から示されている推奨睡眠時間(成人で7~9時間)の下限に近い値であり、依然として多くの日本人が十分な睡眠時間を確保できていない可能性があるのがよく分かります。

慢性的な睡眠不足が続くと、必要とされる最適な睡眠時間と実際の睡眠時間の差分が積み重なり、睡眠負債(sleep debt)となっていきます。睡眠負債が解消されないまま日常生活を送ると、起床時の強い眠気に悩まされることになるでしょう。

睡眠負債がある場合、ある日にたまたま8時間の睡眠を取れたからといって、眠気がすぐには解消されるものではありません。睡眠負債は、比較的長期間かけて返済していく性質のものです。

また、夜間にブルーライトなどの光を浴びると、体内時計の乱れを引き起こし、起床時の目覚めが悪くなります。『メラトニン』という自然な眠りを促すホルモンがありますが、就寝前にスマホやパソコン、テレビを使用した場合、本来、夜間に分泌されるはずのメラトニンが分泌されにくくなり、睡眠の質を低下させます。その結果、朝の目覚めが悪く、なかなか布団から起き上がれないという事態を招くことになります」

Q.起床困難の状態が何日も続く場合、病気の可能性はあるのでしょうか。こうした状態を放置すると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

飯島さん「ここからは、疾患による起床困難について解説します。まず、精神科医や心療内科医が、『きちんと睡眠時間を取っているのにもかかわらず、朝起きにくい』という患者からの訴えを聞いて疾患として思い浮かべるのは、うつ病を含むうつ状態、熟眠障害、概日リズム睡眠・覚醒障害、起立性調節障害、発達障害を基盤とした覚醒困難といったところでしょう。順番に説明します」

(1)うつ病を含むうつ状態
うつ病を含むうつ状態では、睡眠の質の低下や早朝覚醒の傾向、もしくは過眠の傾向が現れることがあります。過眠傾向を伴ったうつ病の場合、「朝起きられない」という症状に陥ることは十分に考えられます。

(2)熟眠障害
日中の眠気や倦怠(けんたい)感が強く、起床困難となる場合は、睡眠の質の問題を疑う必要があります。睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群などによるものが代表的です。また、慢性的な心身のストレスの存在、睡眠環境によるもの(寝室が明るい、騒音がある、湿度や温度が不快、寝具が合わないなど)が熟眠障害の原因になり得ます。

(3)概日リズム睡眠・覚醒障害
概日リズム睡眠・覚醒障害は、体内時計の異常により、入眠・覚醒のタイミングが大幅にずれてしまう病態です。特に睡眠相後退型では、入眠時刻が後ろにずれ込み、その結果、起床時刻も大幅に遅れてしまいます。また、特発性過眠症という病気もあり、いくら眠っても眠り足りないのが特徴です。これらの病気では早朝の覚醒が著しく困難となり、昼夜逆転型の生活となることもあります。

(4)起立性調節障害
起立性調節障害は、いわゆる「低血圧の人は朝弱い」と一般的にいわれているものに相当します。自律神経系の異常により、起立時に目まいや動悸(どうき)、ふらつきなどの症状が現れる病態です。朝の起床時にこれらの症状が強く現れるため、なかなか布団から出られなくなることがあります。大人にも現れますが、基本的には小中学生に現れるケースが多いことが知られています。

(5)発達障害を基盤とした覚醒困難
自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠如・多動症(ADHD)などの発達障害では、睡眠リズムの乱れや睡眠の質の低下を伴いやすく、起床困難となることがあります。特に小児期や思春期では、起床困難の背景に発達障害があるケースが少なくありません。

朝の起床困難を放置するリスクについては、原因によって異なりますが、睡眠不足そのものが二次的にうつ病や不安障害のリスクを上げることが知られています。従って、可能な限り解決を試みる方が良いでしょう。

1 2

飯島慶郎(いいじま・よしろう)

不登校/こどもと大人の漢方・心療内科 出雲いいじまクリニック 院長

心療内科医、臨床心理士、総合診療医、内科医、漢方医、産業医など、マルチドクターとして活動。得意とする分野は「心身症・不定愁訴」に対する漢方薬・向精神薬・心理療法・ケースワークを統合した総合的対人援助。心身の軽微な不調を入口にクライアントの「人生そのもの」を癒やすことを実践。近年は特に不登校診療に特化し、多くのこどもたちを改善に導いている。

不登校/こどもと大人の漢方・心療内科 出雲いいじまクリニック(https://sites.google.com/view/izumo-iijima-clinic)。

コメント