• HOME
  • IT
  • 「暮らしのトリビア」満載の富士通公式ツイッターが役に立つと話題、始めたきっかけを同社に聞いてみた

「暮らしのトリビア」満載の富士通公式ツイッターが役に立つと話題、始めたきっかけを同社に聞いてみた

暮らしに関するトリビア満載で「役に立つ」と話題の富士通公式ツイッター。しかし、日本を代表する電機メーカーの同社がなぜ、このようなツイートを始めたのでしょうか? 気になったので、同社に取材してみました。


堅いイメージの富士通だが、話題のツイートは“ゆる~い”感じで…

 今日は「マヨネーズの日」「バウムクーヘンの日」「数学の日」――。毎回、その日が「◯◯の日」であることを伝え、それにまつわるちょっとしたトリビアを紹介する、富士通公式ツイッターのつぶやきが役に立つと話題になっています。

 例えば、3月1日の「マヨネーズの日」は…

おはようございます!
今日は「マヨネーズの日」。マヨネーズは含まれている成分のお陰で様々な料理の裏技に使えるとの事。ハンバーグやホットケーキを作る際に混ぜるとふっくら仕上がったり、チャーハンを炒める時に油の代わりに使うとご飯がパラパラになったりするそうです。今晩使ってみますかね。(原文ママ、以下同)

 5月30日は「掃除機の日」で…

おはようございます!
今日は「掃除機の日」。掃除機の電源コードを引いていくと黄色と赤の目印が付いています。赤は「これ以上引くと危険」という意味。黄色は「もうすぐ危険」という意味かと思いきや「ここまで引いて使いましょう」という意味との事。そこまで引いた方が掃除機に優しいらしいです。

 と、暮らしに役立つ小ネタが満載です。

1 2 3