オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

上から目線、鼻毛…あえなくお断りされた49歳男性が“14歳下”と結婚できた理由

婚活において、結婚できるか、できないかは「相性」の合う人に出会えるか、出会えないかにかかっている――。いくつかの事例を紹介します。

結婚の成否は「相性」にかかっている
結婚の成否は「相性」にかかっている

 人と人との関係を図るときに「相性」という言葉を使います。異性と出会ったとき、「生理的に合う/合わない」と言う人がいますが、これもまさに男女の相性なのでしょう。

 ですから、結婚できるか、できないかは相性の合う人に出会えるか、出会えないかにかかっているのです。

人としては尊敬できるが…

 女性会員の木村円香さん(33歳、仮名)は大手メーカーに勤める山田幹太さん(40歳、同)とお見合いをしました。幹太さんは勤務先の会社もしっかりしていましたし、年収も800万円あって、結婚するには好条件の男性でした。お見合いを終えた円香さんが言いました。

「とても優しくて、誠実な印象を受けたので、交際希望を出します」

 幹太さんからも交際希望が来て、2人はお付き合いに入りました。ところが、2回目のデートを終えたところで、円香さんから、「交際終了」を伝える連絡が入ったのです。

「幹太さんに悪いところは何もないんです。むしろ、これまで、お見合いしてきた中では、私に一番気を使ってくださる人だと思ったし、デートのエスコートもスマートでした。ただ、私は彼を男性として好きにはならない気がするんです。会社の上司や同僚に幹太さんのような人がいたら、本当に仕事もやりやすいし尊敬できるし、人としては好きになる。でも、その“好き”が恋愛感情の“好き”には変化しないと思うんです。

こんなわがままを言っていたら、いつまでたっても結婚できないですよね。ただ、これは理屈じゃない。このまま、お付き合いしていても彼の時間が無駄になってしまうので、ここで交際終了にさせてください」

 私は円香さんのようなことを言う女性に「何を言っているの。結婚は日々の生活。恋愛とは違うのですよ」とは言いません。それはたとえ、お見合いの出会いであっても「異性として好き」になれる相手でないと結婚できないし、また、そういうお相手と結婚していただきたいからです。そして、幹太さんの相談室に「交際終了」の連絡を入れました。

 すると、程なくして、幹太さんが私の会員の太田瑞希さん(35歳、仮名)にお申し込みをかけてきました。瑞希さんはお申し込みを受諾して、お見合いになりました。

 その後、2人は交際に入ったのですが、瑞希さんはお見合いのときから、幹太さんをとても気に入っていました。お付き合いに入ってからも、2人は水曜か木曜の夜に1回、週末に1回と週2のペースで会っていたようです。

「会社が駅でいうと2駅しか離れていなくて、仕事終わりでもスムーズに会えるんですよね。何か運命を感じました」

 こう話す瑞希さんの声も弾んでいました。交際はとても順調な様子でした。そして、あるデートを終えたときに、瑞希さんから、こんなLINEが来たのです。

「今日、串カツ屋さんに一緒に行ったんです。そこで、串カツで好きな具材ベスト3をお互いに発表し合ったんですね。そうしたら、3位が串カツ牛、2位がアスパラ、1位が紅しょうが。な~んとベスト3がピッタリ一致したんですよお。やった~」

 何だか、女子高生のようなノリのLINEでした。読んだ私は「瑞希さんは幹太さんに恋をしているんだな」と思わず笑顔になっていました。

 そして、2人は交際1カ月半で、あっという間に結婚を決めてしまったのです。週2のペースで会っていたので、それでも12回以上はデートを重ねていたことになります。

 幹太さんを男性としては好きにならなかった円香さん。幹太さんを男性として大好きになった瑞希さん。これはまさしく、相性の問題だったと思うのです。

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)、YouTube「仲人はミタ チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCObGYwIfj_oY-cm9LlnFmdA)。

コメント