オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「避難指示が出たら、近くの避難所に行けばいい」はなぜ間違いか

【図】台風・大雨から命を守るフローチャート

筆者作成のフローチャート
筆者作成のフローチャート

  *全国のハザードマップはhttps://disaportal.gsi.go.jp/maps/から確認できます
  左上の「洪水」「土砂災害」をオンにして、自宅の周辺を見てみよう!
  より詳しいハザードマップは自治体のホームページ等にあります。地名+ハザードマップで検索!
  **避難所が危険な場合もあります.安全なら友人宅や親戚宅・職場などどこでも構いません!
  避難指示などを待たなくてOK。雨が降り始める前の明るい時間に避難を完了しよう!

記事ページに戻る

1 2

島崎敢(しまざき・かん)

名古屋大学未来社会創造機構特任准教授

1976年、東京都練馬区生まれ。静岡県立大学卒業後、大型トラックのドライバーなどで学費をため、早稲田大学大学院に進学し学位を取得。同大助手、助教、国立研究開発法人防災科学技術研究所特別研究員を経て、2019年より、名古屋大学未来社会創造機構特任准教授。日本交通心理学会が認定する主幹総合交通心理士の他、全ての一種免許と大型二種免許、クレーンや重機など多くの資格を持つ。心理学による事故防止や災害リスク軽減を目指す研究者で、3人の娘の父親。趣味は料理と娘のヘアアレンジ。著書に「心配学〜本当の確率となぜずれる〜」(光文社)などがあり、「アベマプライム」「首都圏情報ネタドリ!」などメディア出演も多数。博士(人間科学)。

コメント