オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

放置しちゃダメ! 「化粧品」を捨てるタイミングと処分方法

【アイテム別】処分方法一覧

 それでは、古くなった化粧品はどのように捨てればよいのでしょうか。

 高野さんによると、化粧品も一般ごみと同じく基本的には分別が必須。主な化粧品の処分方法は以下の通りです。

【化粧水、乳液、クリーム、日焼け止め】

 中身が残っている場合、化粧水や乳液は新聞紙などに吸わせ、クリームなどはビニール袋に入れて可燃ごみとして出します。容器は水洗いをして、素材ごとに分別します。

【ファンデーション(パウダー、リキッド、クリームなど)】

 パウダーの使い残しはそのまま可燃ごみへ。リキッドタイプやクリームタイプは中身を新聞紙などに吸わせ、可燃ごみとして処分します。ケースは素材を確認して分別を。

【口紅】

 中身は折り切ってティッシュなどにくるみ、可燃ごみとして捨てます。容器部分は素材ごとに分別しましょう。

【マニキュア】

 パイプ詰まりや環境汚染の原因になるため、排水口に流すのはNG。化粧水などと同じく、中身を新聞紙などに吸わせましょう。固まっている場合は、除光液を使って薄めると出しやすくなります。作業は必ず風通しの良い場所で。空になった容器はキャップとボトルを分別して捨てます。

【香水】

 香水も中身を紙に吸わせて処分します。アルコールなどの化学成分が含まれており、また臭いも取れなくなるため、排水口に流すのは避けましょう。

「化粧品の容器は、プラスチックやガラスなどさまざまな素材で作られています。捨てる時は表示を確認し、各自治体の分別ルールに従いましょう」(高野さん)

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント