• HOME
  • 暮らし
  • 「青菜」や「青リンゴ」が緑なのに「青」である理由

「青菜」や「青リンゴ」が緑なのに「青」である理由

世の中には、「青菜」「青リンゴ」など、「緑」に近い色なのに「青」と呼ばれるものがあります。その理由を取材すると、日本の興味深い歴史に辿り着きました。

「緑」なのに…「青リンゴ」?

「青菜」「青リンゴ」「青のり」など、実際は「青」ではなく「緑」に近いのに、「青」とつく事物は意外と多いもの。しかし、これらはなぜ「青」と呼ばれるのでしょうか。

 オトナンサー編集部では、日本パーソナルカラー協会認定パーソナルカラーアドバイザーの西田美穂さんに、この疑問をぶつけてみました。

「青」に見えるからではない

 西田さんによると、そもそも「色」とは、光の反射によって見えるもの。人がその物体の色を認識するのは、「可視光線」という、色を感じさせる光が物体に反射して目に入ることによるものです。

 この可視光線の波長の範囲によって、色の見え方は変わります。虹の配色からもわかるように、「緑」と「青」は隣り合った色ではあるものの、それぞれの色を感じる波長は異なっており、実際は全く別の色。つまり「緑が青に見えるから『青』と呼ばれているわけではないのです」(西田さん)。

 それでは、「緑」のものがなぜ「青」と呼ばれるのでしょうか。

 西田さんによると、古代、日本人の色の認識は「赤」「黒」「白」「青」の4色のみで、色を表す言葉もこの4つしかありませんでした。すべての色は、これら4つのいずれかの「色」に分類され、表現されていたのです。

 その際に、「緑」は最も近い色である「青」にカテゴライズされていたとのこと。現代において、「緑」を「青」と呼ぶのは、この分類の名残りと考えられています。たとえば、伝統色名の「薄青(うすあお)」は、現代の「黄緑」に近い色です。

「緑」なのに「青」と呼ぶことには、日本の伝統的な色の表現が関係しているのです。

(オトナンサー編集部)

西田美穂(にしだ・みほ)

カラーアナリスト

1984年生まれ。2006年芝浦工業大学工学部建築工学科卒。9年間の建築業界勤務を経て、パーソナルカラー診断サロン「サロン・ド・ルミエール」の海保麻里子氏に出会い、色彩の魅力を知る。同氏に師事し、カラーリストへ転身。「色の力で笑顔を増やしたい」との思いから、パーソナルカラーを含む色彩全般を学ぶ。2016年、世界的に活躍するメーキャップアーティストのNATSUKA氏に師事、一流のメーキャップ技術を学ぶ。現在、カルチャースクールでアシスタント講師を務める傍ら、サロン・ド・ルミエールで活動中。趣味はヨガ、カメラ、読書、好きなものはコスメとファッション誌。

【保有資格】
文部科学省後援AFT 1級色彩コーディネーター
日本パーソナルカラー協会認定パーソナルカラーアドバイザー
色彩技能パーソナルカラー検定モジュール3(最上級)
インテリア産業協会 インテリアコーディネーター
東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター2級
商業施設技術団体連合会 商業施設士