オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「ウオノメ」「タコ」「イボ」の違い、わかりますか?

イボの原因はヒト乳頭腫ウイルス

 最後にイボです。皮膚表面の角質が分厚くなるウオノメやタコとは違い、イボの原因は「ヒト乳頭腫ウイルス」です。このウイルスが、皮膚の小さな傷口などに入り込むことでイボが発生し、見た目や部位はウイルスの種類によって異なります。

 イボの治療法としては、液体窒素などを使用して、1~2週間ごとに焼いて切除する方法があります。ただし、ウイルスは日常生活のどこにでも潜んでおり、その人の体質によって発生しやすさも異なるため、明確な予防法はありません。

 ちなみに、イボは痛みを伴うことはありませんが、そのままにしておくと、ウイルスが体内の深くまで入り込み、日常生活に支障をきたすほど大きくなったり、ほかの部分に移ったりすることもあるため、「見つけたら放置せず、必ず皮膚科の診察を受けましょう」(馬場さん)。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント