オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

“天使すぎる酒豪”橋本環奈、「1000年に1人」の重圧をはねのけたリセット力

おばあちゃんになっても使われる女優

 とはいえ、リセット状態の彼女も魅力的なようです。「A-Studio」(TBS系)では、小栗旬さんの家に3泊4日してしまった話をしていました。彼は、妻の山田優さん共々酒豪で知られています。酔っぱらったときに出る、素の彼女もなかなかいい感じなのだと思われます。

 しかし、どんな芸能人も万人から好かれるわけではありません。ネットではその酒豪ぶりについて、独特のハスキーボイスや一時よりふっくらした体型と関連付け、「酒やけ」「酒太り」ではと揶揄(やゆ)する意見も飛び出しました。それでも、大多数の人は好意的なようです。声については本人もコンプレックスのようですが、

「すっごくかわいい顔して、声ハスキーで、サバサバしてて、そこがまたいいよね」

 という指摘が。体型については「顔がかわいい子はちょっと太ってもかわいい」「女の子っぽく柔らかそうな感じで、いいなあって思う」といった感想が見受けられました。

 実際、彼女が“ぶりっこ”声だったり、モデル体型だったりしたら、逆に今ほどブレークしていなかったかもしれません。その辺りのギャップや親しみやすさも絶妙な気がします。

 この先、彼女はどうなっていくのか。声の似た石原さとみさんや、体型の近い深田恭子さん辺りが何となくイメージされますが、前出の「アナザースカイII」では、こんな目標を語っていました。

「生涯現役で、おばあちゃんになっても『橋本環奈』っていう女優を使いたいって思ってもらえるように、これから頑張りたいな」

 つまり、今後何十年にもわたって活躍できる個性的な女優にということです。それは、きっと実現するでしょう。何しろ彼女は「1000年に1人」という高すぎるハードルを既に乗り越えた人なのですから。

(作家・芸能評論家 宝泉薫)

1 2

宝泉薫(ほうせん・かおる)

作家、芸能評論家

1964年岐阜県生まれ。岩手県在住。早大除籍後「よい子の歌謡曲」「週刊明星」「宝島30」「噂の真相」「サイゾー」などに執筆する。近著に「平成の死 追悼は生きる糧」(KKベストセラーズ)、「平成『一発屋』見聞録」(言視舎)、「あのアイドルがなぜヌードに」(文春ムック)など。

コメント