オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

その礼拝は間違いだった! 正しい神社参拝のマナー

鳥居では身なりを整えて一礼を

 続いて参拝時の作法を順番に説明します。

【鳥居は一礼してくぐる】

 鳥居は神社の入り口・参道に立って神域を示すもの。必ず一礼してからくぐりましょう。また身なりを整え、帽子を着用している場合は取って進みます。

【参道は端を歩く】

 参道の中央は神の通り道とされています。神様に対して失礼のないよう端を歩きましょう。

【手水舎(ちょうずや)で手と口を清める】

 水は昔から、穢(けが)れをはらうものとされています。参拝に向かう前に手水舎の水で身の穢れをはらいます。手水舎における作法は以下の通り。

1.柄杓(ひしゃく)を右手に持って水をくみ、左手を洗う

2.柄杓を左手に持ち替えて右手を洗う

3.もう一度柄杓を右手に持ち、左手に水を受けて口をすすぐ

4.左手を洗う

5.柄杓を立てて残った水で柄杓の柄を洗い、元の位置に戻す(柄杓に直接口をつけたり、水を飲んだりしないこと)

【礼拝は二礼二拍手一礼が基本】

 社殿に着いたら次の作法に従って参拝しましょう。

1.神前でも真ん中に立つことは避け、最初に軽く一礼する

2.静かにさい銭を納める(投げ入れるのは神様への失礼になるためタブー)

3.鈴を鳴らす(邪気を払う意味もあるためきちんと鳴らす)

4.深いお辞儀で二礼、拍手の音によって邪気を払うと共に神を招くように二拍手、きちんと手を合わせて祈る

5.最後に深く一礼し神殿を後にする。お祈りする際はまず自分の名前と住所をお伝えしてから神様への感謝の気持ちを述べ、願い事をお伝えする

【去り際にあいさつする】

 参拝後、参道を戻る際も端を歩きます。鳥居をくぐったら鳥居に向かい直して一礼するようにします。

1 2 3

齊木由香(さいき・ゆか)

日本礼法教授、和文化研究家、着付師

旧酒蔵家出身で、幼少期から「新年のあいさつ」などの年間行事で和装を着用し、着物に親しむ。大妻女子大学で着物を生地から製作するなど、日本文化における衣食住について研究。2002年に芸能プロダクションによる約4000人のオーディションを勝ち抜き、テレビドラマやCM、映画などに多数出演。ドラマで和装を着用した経験を生かし“魅せる着物”を提案する。保有資格は「民族衣装文化普及協会認定着物着付師範」「日本礼法教授」「食生活アドバイザー」「秘書検定1級」「英語検定2級」など。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yukasaiki)。

コメント