オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

夏の定番! 「浴衣」の起源、湯上がり用/外出用の違い、外で着る際の注意点

花火大会やお祭りでよく見る浴衣姿。しかし、年配の人たちの中には「もともとは湯上がりに着るもの」という声もあります。

花火大会やお祭りの定番「浴衣」
花火大会やお祭りの定番「浴衣」

 花火大会やお祭りなどでよく見られるのが浴衣姿の人たちです。夏の外出着として定番化した感もありますが、年配の人たちの中には「もともとは湯上がりに着るもので、外で浴衣を着るのは、バスローブで外出するようなものだ」という声もあるようです。浴衣の歴史や望ましい着方について、和文化研究家で日本礼法教授の齊木由香さんに聞きました。

貴族が蒸し風呂に入る際に着用

Q.そもそも、浴衣とはどういうものなのでしょうか。

齊木さん「浴衣は平安時代、貴族が蒸し風呂に入るときに、水蒸気でやけどをしないように着用した『湯帷子(ゆかたびら)』が原形といわれています。この時代は、複数の人と入浴することが多かったため、裸を隠すことと汗取りの目的で使われていました。

汗を吸い、風通しがよいので、安土桃山時代ごろから、湯上がりに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、江戸時代に入ると、お風呂の普及とともにその着やすさから、庶民の愛好する『衣類』の一種となっていきました。

現在は、暑い夏に『涼』を感じられる衣類として広がりをみせています」

Q.浴用や湯上がり用の服だった浴衣が、なぜ外出着になっていったのでしょうか。

齊木さん「江戸時代に入ると、町人文化の発展に伴って浴衣が進化していきました。江戸時代に入るまでは、浴衣でお風呂に入っていましたが、それ以降、裸で入るようになります。当初は現代のバスローブのように浴衣で水分を取っていましたが、短気な江戸っ子が、通気性もよいことから、風呂屋の涼み場で着ていた浴衣をそのまま外出着として着用するようになります。これが、外出着として着用されるようになったきっかけです。歌舞伎役者が舞台で着た衣装(浴衣)を庶民がまねるなどしたこともあり、浴衣文化が江戸で花開きました。

もう一つ、江戸時代に広まった要因として、ぜいたくを禁じた『天保の改革』が挙げられます。天保の改革で『町人は絹を着てはならない』という掟(おきて)が出されてからは、木綿の浴衣がますます発展しました。その後、着やすさや通気性のよさから盆踊りや花見などにおそろいの浴衣で出かけることが流行し、華やかな文化が生まれました」

Q.浴用、もしくは湯上がり用の浴衣と外出用の浴衣は、どんな点が違うのでしょうか。

齊木さん「そもそも浴衣は、最も簡略化された着物ですので、湯上がりの浴衣と外出用の浴衣には、実際には明確な決まり事はありません。しかし、それぞれの用途に適する2つのポイントがあります。

一つは浴衣の柄です。湯上がり用は基本的に自宅で着用しますので、柄の細かい紺地に白の模様など、比較的地味なものになります。一方で外出用は、柄の大きめのものや、鮮やかな色の浴衣を選ぶことをお勧めします。外出着として人さまの前に出ても恥ずかしくない絵柄のもの、多少の配慮が感じられるものというのが基準になります。

もう一つは浴衣の素材です。昔は麻や綿の素材が主流でした。麻や綿などの天然素材のものは、肌触りが良く、水分を吸い込む吸湿性に優れています。一方で、昭和にかけて化学繊維の発達により、ポリエステルやレーヨンなどの素材の浴衣が誕生しました。化学繊維でできた素材は洗濯をしてもよれにくく、手入れがしやすいのが特徴です。湯上がりと外出用、用途によって素材を変えるというのも一つの手段です」

Q.外出着としての浴衣の正しい着方、着る際の注意点、正しい所作を教えてください。

齊木さん「まず、大切なのが、着丈の合った浴衣を選ぶことです。女性は(腰の辺りへたくし上げた)おはしょりをつくるため、身長プラスマイナス5センチの着丈の浴衣を選びます。男性は、身長より28~30センチ短い着丈の浴衣を選びます。浴衣は、男女ともにくるぶしの高い位置で着ると粋とされています。また、共通していえることとして、左側が上に来るように着用します。

一般的な浴衣の着方は、女性は和装ブラ、ショーツを着け、肌襦袢(じゅばん)・裾よけを着けた後に浴衣を着用します。腰ひもを使って腰骨の上の部分でおはしょりをつくり、その上に胸ひも、伊達締めをし、帯を巻いていきます。女性の場合、帯結びはさまざまなバリエーションがありますので、浴衣の雰囲気に合わせてお好みの帯結びをしましょう。男性は肌着にステテコを着用し、浴衣を着ます。帯は『貝の口』という帯結びが一般的です。

小物は、巾着や竹でできた籠バッグ、げたを合わせます。女性の場合は、一足半で歩き(足のサイズが24センチの人は12センチの歩幅)、やや内側に寄せるように一直線上を歩きます。また、電車でつり革を持つ場合、手を伸ばす際には、逆の手で袂(たもと)を押さえましょう。これは袂の中が丸見えになるのを防ぐためです。全体的に、脇、腕、足、指先を“閉じる”を意識すると美しい所作になります」

1 2

齊木由香(さいき・ゆか)

日本礼法教授、和文化研究家、着付師

旧酒蔵家出身で、幼少期から「新年のあいさつ」などの年間行事で和装を着用し、着物に親しむ。大妻女子大学で着物を生地から製作するなど、日本文化における衣食住について研究。2002年に芸能プロダクションによる約4000人のオーディションを勝ち抜き、テレビドラマやCM、映画などに多数出演。ドラマで和装を着用した経験を生かし“魅せる着物”を提案する。保有資格は「民族衣装文化普及協会認定着物着付師範」「日本礼法教授」「食生活アドバイザー」「秘書検定1級」「英語検定2級」など。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yukasaiki)。

コメント