オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 「へそくり」平均116万円で過去最高、その背景にある事情とは

「へそくり」平均116万円で過去最高、その背景にある事情とは

生命保険会社が11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで実施したアンケートで、既婚者のへそくり金額が平均116万6002円で過去最高に。今回はその背景について、専門家に取材しました。

「へそくり」が過去最高になった背景とは…

「趣味にお金を使うと妻に怒られる…」。普段は仲のいい夫婦でも、お金の使い道となるとケンカになってしまうこともしばしば。

 そうしたトラブルにならないよう、妻や夫に内緒で「へそくり」をしている人も多いのではないでしょうか。

 明治安田生命保険が、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで行った夫婦に関するアンケートによると、結婚している人(20~70代)のへそくりは平均116万6002円で、2013年の調査開始以来、最高額だったといいます。

 オトナンサー編集部ではその背景について、同社の小玉祐一チーフエコノミストに取材しました。

「働く女性」の増加が全体を底上げした

「今年9月の統計で完全失業率は3.0%、完全失業者数も76カ月連続で減少していることからもわかるように、雇用情勢の改善が今回の結果につながりました」

 小玉さんによると、特に注目すべきは、雇用情勢の改善により女性の就業者数が増えたこと。個人ベースで給料アップが実感できなくても、共働き世帯が増え、世帯収入が増加したことで家計に余裕が生まれ、へそくりの増加につながったといいます。

 確かに、20~50代女性のへそくり額は2015年の97万4830円から、2016年は108万3987円にアップしています。

1 2

小玉祐一(こだま・ゆういち)

明治安田生命保険チーフエコノミスト

1963年生まれ。1987年3月慶應義塾大学商学部卒。同4月明治生命入社。1995年4月経済企画庁(現内閣府)派遣。1998年4月財務業務部(現運用企画部)に配属後、米国経済担当エコノミスト、欧州経済担当エコノミスト、日本経済担当エコノミストを歴任。2002年4月チーフエコノミスト就任。明治安田生命保険の経済見通し作成に携わるとともに最新の経済分析「経済ウォッチ」(http://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/economy/index.html)を同社公式ホームページに定期掲載。著書に「経済経営用語辞典」(共著、日経BP社)、「プロフェッショナル用語辞典 経済・金融」(日経BP社)。フジテレビ「ニュースジャパン」、NHK「NEWS WEB」等テレビ出演歴多数。経済専門誌には延べ100本以上の原稿を寄稿。現在「週刊エコノミスト」に金利見通しを定期連載中。年間の講演や勉強会の講師の回数は100回近くに及ぶ。