• HOME
  • レジャー
  • 杏さん主演「オケ老人!」で注目、バイオリンが子どもにとって持つ意味とは

杏さん主演「オケ老人!」で注目、バイオリンが子どもにとって持つ意味とは

女優の杏さん演じるクラシック好きの数学教師が、アマチュアオーケストラを成長させるストーリーの映画「オケ老人!」が公開中です。映画によって注目が高まるバイオリンですが、その訓練はどのようなものでしょうか。プロのバイオリニストに取材しました。

クラシックといえば「バイオリン」、その魅力と厳しさとは…

 映画「オケ老人!」(細川徹監督)が11月11日より公開になりました。

 映画は、女優の杏さん演じるクラシック好きの数学教師が、老人だらけのアマチュアオーケストラを成長させていくストーリー。杏さんは撮影前、役作りのためにバイオリンを約半年間練習したといいます。

 映画によって注目が高まるバイオリンですが、オトナンサー編集部では、タレントでバイオリニストの松尾依里佳さんに、バイオリンの厳しい練習で培われたものについて聞きました。

14歳で故・工藤千博さんに師事

 母親の薦めで4歳の時にバイオリンを始めたという松尾さん。これまでさまざまな習い事をしてきましたが、唯一続けてきたのがバイオリンだそうです。

 国内外のコンクールで優勝する門下生を多数輩出し、「ヴァイオリンの小児科」の異名を持った故・工藤千博さんに14歳で師事。工藤さんは教え子の「感性」を引き出すことに何よりも力を注いでいたといいます。「バイオリンの弓の使い方を伝えるために、手元の定規をしならせながら説明してくださいました。しなるビジュアルを見せて脳に『感覚』として焼き付けるのです」。

 松尾さんは、こうした感覚を研ぎ澄ませていくことが、集中力を高めることにつながったといいます。大学の受験勉強にも大いに役立ったそう。「今すべきことに没頭し、より良い結果を求め続ける姿勢を学びました」。そして京都大学に現役合格します。

 その経験は、2010年から出演している人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」のアシスタント業にも生かされているようです。「私はプロのアナウンサーではありませんから、原稿読みで詰まってしまうこともしばしば。でも、依頼者の方の気持ちが伝わる読み方を追求したいです」。

1 2

松尾依里佳(まつお・えりか)

バイオリニスト

1984年大阪府生まれ。2002年大阪府立四條畷高校、2007年京都大学経済学部卒業。4歳でバイオリンを始め、故・工藤千博氏などに師事。大学在学中にプロバイオリニストとしてステージデビューし、本格的な演奏活動を開始する。初ステージは関西テレビやCSなどで放送され、これまでに東京、名古屋、博多などでコンサートツアーやソロコンサートを開催。また、2006年に放送されたフジテレビ系「のだめカンタービレ」にオーケストラメンバーとして全話出演した。