オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • ハーフの甥と別れ際“キス”することになった漫画 やり方が分からず…「甥がかわいい」と反響

ハーフの甥と別れ際“キス”することになった漫画 やり方が分からず…「甥がかわいい」と反響

帰省中に経験した出来事を描いた漫画が話題に。帰京する際、海外在住の兄夫婦に見送られた男性ですが、それまでキスを拒んでいた甥っ子とついにキスすることに…。

漫画「キスを待つ甥が可愛すぎた話」のカット=音井れこ丸(@toire_komoru)さん提供
漫画「キスを待つ甥が可愛すぎた話」のカット=音井れこ丸(@toire_komoru)さん提供

 帰省中に経験した出来事を描いた漫画「キスを待つ甥が可愛すぎた話」がSNS上で話題となっています。帰京する際、海外在住の兄夫婦に見送られた男性。兄夫婦には子どもがいましたが、男性は、それまでキスを拒んでいた甥っ子とついにキスすることに…という内容で「甥っ子がかわいい」「弟を思い出した」「キスは場所によって意味が違うのか」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。

後悔の気持ちが頭から離れず

 この漫画を描いたのは、音井れこ丸(ペンネーム)さん(34)です。23歳の時に、別のペンネームで漫画家デビューしました。「おじさんとマシュマロ」(一迅社、全5巻)、「若林くんが寝かせてくれない」(双葉社、全5巻)などの作品があります。

Q.いつから漫画を描き始めましたか。

音井さん「小学2年生の時です。隣の席の男子に『漫画家になる』と言ったことがきっかけで描き始めました」

Q.今回の漫画を描いた理由は。

音井さん「キスを待つ甥がかわいすぎて頭から離れず、仕事がはかどらなかったからです。すごく後悔しています」

Q.お兄さん夫婦は普段、どちらの国に在住していますか。

音井さん「オーストラリアのタスマニア島です」

Q.甥っ子さんと会ったのは今回が初めてですか。

音井さん「昨年初めて会いました。今回で2回目です。画面を通じた通話を合わせると5~6回です。これまで、あまりコミュニケーションを取っていなかったので忘れられていましたが、今回は3日間ほど一緒に過ごしました」

Q.どんな遊びをされたのですか。

音井さん「近所の公園やスーパーのほか、水族館や大阪城などに行きました。特に記憶に残った遊びは、電車が通るたびに甥を抱っこして電車を眺めたり、おもちゃを組み立てたりしたことです」

Q.読者からどのような意見が寄せられていますか。

音井さん「『甥のキス待ちがかわいい』という意見を頂きます。僕も同じ気持ちです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

音井さん「ホラー漫画家の方の作品を原案にした漫画を、商業誌に連載する方向で動いています。ホラー漫画を原案としていますが、内容はコメディーで、早ければ年内に連載を開始する予定です。早く実現させたいです」

(報道チーム)

1 2

コメント