オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

プロサウナーの熱中症対策! 暑い夏は「サウナと水風呂」で乗り切ろう

食欲爆裂で夏バテ知らず

 サウナと水風呂を繰り返し、休憩を挟むことで得られる独特の喜びを「ととのった!」と表現しますが、ととのった時の食事ほどおいしいものはありません。ほんのり高揚し、多幸感があふれた状態なので、何を食べてもおいしく感じられ、夏バテによる食欲不振は一切なくなります。

 また、サウナ後はびっくりするほどよく眠れるようになるので、夏バテ知らずの体になります。国民の生命を守るために、今すぐ「サウナ・水風呂キャンペーン」を行うべきだと筆者は思います。

 以下、冷たい水風呂のあるオススメサウナをご紹介します。

【新橋・オアシスサウナアスティル】

水風呂には冷却装置(チラー)が2基付いています。一つは浴槽内の濾過(ろか)循環水を冷却するもの。もう一つは、あふれた水を埋めるための新水を冷やすもの。この時期、冷却装置が付いていない水風呂は「ぬるま湯」のようになってしまいますが、同店では、猛暑日でも常に16度前後をキープしています。

【鶯谷・サウナセンター】

都内最古のサウナ。古いながらも清掃が行き届き、サウナ室のコンディションも秀逸で、サウナ愛好家からは「レジェンドサウナ」と称されています。水風呂は、根岸の井戸水を使い、肌触りも柔らか。水温は15度をキープし、天井に映ったキラキラとした水面を見るだけでもととのってしまう、最高の施設です。

【京都北山新町・加茂湯】

一見、普通の銭湯ですが、水風呂には氷がドバドバ投入されるハイテク装置が完備されています。もともと、水質のよい京都ですが、同店は柔らかな井戸水を15度前後に冷却し、氷水風呂として楽しめるアトラクション銭湯です。

【福岡・ウエルビー】

中洲のど真ん中にある同店には、なんと、水温5度(!)の日本最冷水風呂があります。冷たいというより「痛い」領域で「サウナクレイジー」な施設です。

(トッププロサウナー 濡れ頭巾ちゃん)

1 2

濡れ頭巾ちゃん

トッププロサウナー

サウナブログ「湯守日記」(http://ameblo.jp/spasaunalove/)を運営。サウナ⇔水風呂で心身をととのえて酒場に繰り出すことを日課としている。「大切なことはすべてサウナが教えてくれる。サウナこそ人生そのもの」が身上。自身も所属するFSC(フィンランドサウナクラブ)が主催する、日本初のサウナフェス「第2回 日本サウナ祭り」の情報はコチラ(https://www.fsc37.com/jsf)から。

コメント