オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

大手からベンチャーへのレンタル移籍「ローンディール」は日本に根付くのか

今求められるイノベーション

「人が動く、組織が変わる」と題された特別てい談では、山田邦雄さん(ロート製薬会長兼CEO)、入山章栄さん(早稲田大学ビジネススクール准教授)、光村圭一郎さん(三井不動産ベンチャー事業共創部)が登壇しました。山田さんがいるロート製薬は“複業”をいち早く解禁した大手企業であり、一方、光村さんは会場の「BASE Q」を開設し、大企業のイノベーション支援を行う活動をしているアントレプレナー。入山准教授は二人を「今、日本で一番突っ走っている二人」と紹介しました。

 ローンディールとは少しアプロ―チが異なりますが、ロート製薬もまた社員を外に出すことを推奨しています。「働き方改革、ダイバーシティー、複業など、さまざまなことがバラバラに議論されていることが多いが、経営学者から見れば、本質はどれも同じ。今、日本企業に求められているのはイノベーション」と入山准教授は語ります。

 レンタル移籍は、イノベーションを生み出すための、大企業とベンチャー企業による一種の協業であると言えます。大小の企業が力を合わせて優秀な人材を生み出すことにより、日本のビジネスシーンがますます熱いものになりそうです。

 フォーラムでは、大きくうなずいたり、メモを取ったりする観客が目立ったほか、質問も相次ぎ、導入を検討している組織が多いことがうかがわれました。中には、自分が所属している会社の体質に疑問を持ち、休暇を取って参加している人も。時間が足りなくなるほど活発な意見交換や発言が行われ、盛り上がりを見せました。レンタル移籍を導入する企業が増えていくことを予感させました。

(アスクル「みんなの仕事場」編集部)

1 2 3

コメント