オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

故人をしのび、遺族を思いやる「弔事」のマナー

通夜~告別式(キリスト教式)

 キリスト教では、死を「永遠の命の始まり」と捉え、葬式は神の元へ召されたとして祝福の意を込めて執り行われます。そのため「ご愁傷様です」などのお悔やみは言わず、連絡をいただいたことへの感謝を述べたり、故人が安らかに眠る祈りを告げたりするのがマナーです。

 キリスト教式で通夜は「通夜の祈り」(カトリック)、「前夜祭」(プロテスタント)と言います。「通夜振る舞い」は行われませんが、日本では「茶話会」などで故人をしのぶことが多いようです。

 カトリックかプロテスタントで作法や式に違いはありますが、いずれも聖歌や讃美歌を斉唱し、献花によって故人の安らかな眠りを祈ります。

<献花の行い方>

1.花が右になるよう、右の手の平で花を受け、左手は上から茎をつかむように両手で受け取り、胸の高さまで掲げたら祭壇に向かって一礼する

2.茎の方を時計回りに回して献花台に向け、縦にし、左手に載せた茎を献花台に下ろすようにそっと置く

3.黙祷したら2、3歩下がって遺族や神父(牧師)に一礼してから席に戻る

1 2 3 4 5

平口良子(ひらぐち・りょうこ)

ラヴィーナ代表

NPO法人日本マナー・プロトコール協会認定講師。企業・団体での新人研修・階層別研修、中学校PTA総会での講演、高校での総合学習指導等を行う。マナーは円滑な人間関係の基本であると同時に、自分自身の心をも温かくするものであることを、心理カウンセラーとしての視点も踏まえながら研修等で伝えている。

コメント