オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

故人をしのび、遺族を思いやる「弔事」のマナー

通夜~葬儀(神式)

 神式では仏式のお通夜に当たるものを「通夜祭」、葬儀を「神葬祭」、告別式を「葬場祭」と呼びます。神式の弔事で覚えておきたいのが「手水の儀(てみずのぎ)」と「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。 「手水の儀」は、式場の入り口や受付などで手と口を清めるものです。

<手水の儀の行い方>

1.右手で柄杓(ひしゃく)を取って水をくみ、左手に3分の1ほどかける

2.柄杓を左手に持ち替え、右手にも3分の1ほどかける

3.最後に左手で水を受け、その水で口をすすぐ

4.濡れた手と口は懐紙、ハンカチなどで拭く

<玉串奉奠>

 仏式で行う「焼香」に当たるものが「玉串奉奠」です。玉串とは、榊の枝に白い紙(四手=しで)をつけたもので、これを捧げることで故人を祈ります。

遺族、神官に一礼し、右手で玉串の根元を上から持ち、左手を葉の下に添えて神官から受け取る
玉串を置く台(案)の前に進み、玉串の根元が自分の方を向くように時計回りに90度回す
根元を左手に葉先を右手に持ち替え、さらに時計回りに180度回し根元が案に向くようにする
玉串を案に捧げたら、遺影に2礼、しのび手(音を出さずに拍手)で2拍手して、最後に深く一礼する

 神式でも、仏式の「通夜振る舞い」に当たる「直会(なおらい)」が行われますので、薦められたら受けるようにしましょう。

1 2 3 4 5

平口良子(ひらぐち・りょうこ)

ラヴィーナ代表

NPO法人日本マナー・プロトコール協会認定講師。企業・団体での新人研修・階層別研修、中学校PTA総会での講演、高校での総合学習指導等を行う。マナーは円滑な人間関係の基本であると同時に、自分自身の心をも温かくするものであることを、心理カウンセラーとしての視点も踏まえながら研修等で伝えている。

コメント