オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「読書をすると思考力が向上する」のは本当? 読書のポイントは

本を読むとき、脳の構造を理解して記憶に定着しやすい読み方を身に付けなければなりません。思考力を向上させる読書術について解説します。

思考力を向上させる読書術とは?
思考力を向上させる読書術とは?

 私たちは何かを学んでも、時間の経過とともに忘れてしまいます。「なんで忘れてしまうのか」と嘆いても仕方ありません。脳はそのような構造になっているからです。本を読む場合でも、脳の構造を理解して記憶に定着しやすい読み方を身に付けなければなりません。今回は、思考力を向上させる読書術について解説します。

エビングハウスの忘却曲線

 エビングハウスの忘却曲線をご存じでしょうか。ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの発表した「エビングハウスの忘却曲線」のことです。この研究では、無意味な音節を記憶した上で、時間とともにどれだけ忘れるかを数値化しました。

 その結果は次の通りでした。人が何かを学んだとき、

・20分後には42%忘れる
・1時間後には56%忘れる
・9時間後には64%忘れる
・1日後には67%忘れる
・2日後には72%忘れる
・6日後には75%忘れる
・31日後には79%忘れる

というものです。

 ただし、この研究結果には注意点があります。それは、「無意味な音節を覚えたとき」の研究結果だということです。これが意味のあるデータだったらどうなったでしょうか。例えば、銀行の暗証番号や自宅の電話番号はなかなか忘れないものです。

 意味のない4桁の暗証番号は忘れてしまいますが、意味のある暗証番号はなかなか忘れません。意味のない10桁の電話番号はすぐに忘れてしまいますが、自宅の電話番号はなかなか忘れません。円周率も、意味のない人にとっては、3.14で十分ですが、暗唱のギネス公認世界記録は、インド人のスレシュ・クマール・シャルマの7万0030桁です。

 ほかにも、年号を覚えるための語呂合わせがあります。聖徳太子ご苦労さん(593 年。聖徳太子が摂政になった年)、いい国つくろう鎌倉幕府(1192 年。源頼朝が征夷大将軍になった年)、ほかにもたくさんあると思います。これなら、年号を10個覚えて20分後には42%忘れ、1時間後に56%忘れるとはなりません。

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家 尾藤克之

コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員/議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て現職。障害者支援団体のアスカ王国を運営。複数のニュースサイトに投稿。18冊目「伝わる!バズる!稼ぐ!文章術」(秀和システム)発売。プロフの詳細はWikipediaを参照(http://w.wiki/at5)。

筆者への連絡先
[email protected]
TW:@k_bito

コメント