オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

西日本は「葛餅」で味も食感も違う…東西の「くず餅」、違いや由来は?

「葛餅」と区別するため「くず餅」?

Q.西日本は植物の「葛」を使っているから「葛餅」と分かりやすいのですが、東日本のものはなぜ、「くず餅」なのでしょうか。

齊木さん「東日本の、久寿餅の名前の起源は諸説あります。一つには、開発した人物の『久兵衛』の『久』の字と、無病息災を願う『寿』の字、餅のような触感の『餅』を組み合わせて『久寿餅』と命名されたことに由来するとの説です。

一方、江戸時代、洪水で水につかった小麦を食べる工夫から『くず餅』が生まれたという『池上池田屋』(東京都大田区)では、近くの池上本門寺と関係の深い久遠寺にちなんで『久遠餅』と名付けたものの、書き写した際に『久寿餅』に変わってしまったといわれています。

また、江戸時代、関東では小麦の生産が盛んだったため、小麦粉を水で練って蒸した物をおやつとして食べており、この小麦の生産地が当時、『下総国葛飾郡(しもうさのくにかつしかぐん)』という地名だったため、葛飾郡の『葛』の字を取って、『葛餅』と呼ばれるようになったという説もあります。関東ではお店により、『葛餅』『久寿餅』と表記され、後に関西の『葛餅』と区別するために『くず餅』と表記されるようになったというものです」

Q.他地域の分布なども教えてください。

齊木さん「全国的には、関西風の葛粉を使った半透明の葛餅が広まっていますが、東京を中心とした関東の一部では、先述した久寿餅も有名です。また、沖縄では『黒糖くず餅』が主流です。これは『芋くず(芋のでんぷん)』が原料となっており、関西風と同様、ぷるぷるの食感を味わえます。ただし、黒蜜はかけず、お餅に最初から黒糖を混ぜ込み、きな粉のみを後から掛けて食べられています。

このように、大きく分けて3つの『くず餅』があります。先述した通り、全国的には葛粉の葛餅が主流ですが近年、葛粉(本葛粉)のみで作るお店は少なくなりました。例えば、時間がたっても食感を維持できるゲル化剤を含ませたり、多種類の材料を混ぜ合わせたりして作るところもあります。

しかし、奈良県の吉野や鹿児島の大隅半島は葛の産地であるため、本葛100%で作られた葛餅を提供しているお店も多いです。福岡県朝倉市の秋月地区も有名です。これらの本場では『賞味期限は10分』としているところもあり、透き通るような透明感、圧倒的な滑らかさ、天然素材由来の優しい弾力は格別です。

また、お店により、その土地の名産品を絡めて特徴を出しています。京都では、抹茶を葛粉に練りこんで作ったり、白蜜をかけたりして食べるお店もあります。葛餅をプリンにするなど、さまざま工夫を凝らした店もあります。

このように、お店の方針によって食感や材料が異なります。葛粉本来の本葛粉で作られた葛餅を味わいたい場合は、初めに原料を確認しましょう。また、その土地ならではの『くず餅』の特徴を探して堪能してみるのも楽しみの一つではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)

1 2

齊木由香(さいき・ゆか)

日本礼法教授、和文化研究家、着付師

旧酒蔵家出身で、幼少期から「新年のあいさつ」などの年間行事で和装を着用し、着物に親しむ。大妻女子大学で着物を生地から製作するなど、日本文化における衣食住について研究。2002年に芸能プロダクションによる約4000人のオーディションを勝ち抜き、テレビドラマやCM、映画などに多数出演。ドラマで和装を着用した経験を生かし“魅せる着物”を提案する。保有資格は「民族衣装文化普及協会認定着物着付師範」「日本礼法教授」「食生活アドバイザー」「秘書検定1級」「英語検定2級」など。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yukasaiki)。

コメント