オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

自慢か、不安か 芸能人の交際相手が「におわせ」をする心理

「におわせ」をする人は友達が少ない?

 とはいえ、自分たちの関係を見せつけたいと思った人全員が、におわせ行為に走るわけではありません。もう一つの特徴として、友達が少なく、相手との関係に依存しているという点があります。

 友達が多い人なら、仲間内で彼氏のことを話したり相談したりできるので、わざわざSNSで不特定多数のファンに向けて交際をほのめかす必要がなくなります。

 におわせというのは、とても孤独でむなしい行為です。その写真を投稿している様子を想像してみてください。恋人にちなんだグッズを買ってきて、背景にちょうど写り込む場所に置いて自撮りをして、さりげない位置に写り込んでいるか何度も撮り直して確認して、思わせぶりな文章やハッシュタグとともにSNSにアップする…。

 そんな不毛な作業にのめりこんで目を覚ませなくなるほど、相手との関係がその人のすべてになってしまっているということでしょう。

 におわせ行為は相手への依存と不安から行われるので、交際相手の芸能人やその所属事務所がきちんと対応して不安を解消させられれば止められます。逆にファンに騒がれても続いている場合は、事務所がうまく対応できていないと考えられるでしょう。

 におわせの有無は、事務所が芸能人とその交友関係をきちんとコントロールできているかのバロメーターでもあるのです。

(文/構成・オトナンサー編集部)

1 2

堀井亜生(ほりい・あおい)

弁護士

1977年生まれ。札幌市出身。中央大学法学部卒。一般民事、刑事、医療過誤、企業法務、著作権など幅広い分野を取り扱い、多数の企業・病院の顧問を務める。中でも離婚・男女問題の取り扱い実績が多く、離婚・男女問題のスペシャリストとして、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)のレギュラー出演をはじめ、「とくダネ!」「ノンストップ!」「笑っていいとも!」(いずれも、フジテレビ系)など多くのテレビ番組に出演。著書に「ブラック彼氏 恋愛と結婚で失敗しない50のポイント」(毎日新聞出版)。オフィシャルホームページ(https://horiiaoi.com/

コメント