オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「ビスケット」「クッキー」「サブレ」は何が違うのか

フランス語で「砂」を意味するサブレ

 フランス語で「砂」という意味のサブレは、英国のビスケットとほぼ同様のものですが、ビスケットはバターと薄力粉の割合が「1:2」なのに対して、サブレはほぼ「1:1」で作るためバターの風味が強く、サックリとした食感が特徴です。

 総括すると、英国の「ビスケット」は米国の「クッキー」と同じものですが、米国の「ビスケット」は英国の「スコーン」と同じもの、そして「サブレ」は、英国の「ビスケット」のフランス版ということになります。

 ちなみに日本では、全国ビスケット協会が「公正競争規約」で、糖分と脂肪分が全体の40%以上のものを「クッキー」、40%以下のものを「ビスケット」と定めています。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント