オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • イケメンに勝てる!? 笑いを生むコツは「雰囲気作り」にあった

イケメンに勝てる!? 笑いを生むコツは「雰囲気作り」にあった

電車の中づり広告にもヒントがある

 殿村さんは、誰にでもできる雑談のネタ収集法をオススメします。

「街中やテレビにはネタがいっぱい。満員電車に乗っている時には、中づり広告を見ましょう。その中から、世間の常識からぶっ飛んだ異変を見つけて、心の中でツッコミを入れるんです。漫才でいうボケは非常識なことを言う人、ツッコミは常識を指摘する人なので、笑いから常識が学べるということです。世間から外れている面白そうなボケを見つけて、ツッコむ習慣を身につけましょう。ツッコミができるということは、常識を持っているということ。つまり、常識を押さえることで、相手と笑いのコミュニケーション作りができるんですよ」

 殿村さんは最後に、明日からできる最高の「名刺の渡し方」を教えてくれました。

「名刺を渡して名乗る際に自分からこう言うんです。『お世話になっております。ジョニー・デップです』ってね(笑)」

(オトナンサー編集部)

1 2 3

殿村政明(とのむら・まさあき)

笑伝塾塾長、株式会社ヒューマンコメディックス代表取締役

兵庫県明石市出身。1987年に19歳でオール阪神巨人に弟子入り。その後、笑いを極めるべく吉本総合芸能学院「NSC11期生」に入学。「心斎橋2丁目劇場」で5週勝ち抜き、吉本興業の所属タレントに。1997年に引退後、ハウスメーカーの営業マンになり、笑いを交えたトークを武器に3カ月間で全社営業トップに上り詰める。その後、数社を起業。2007年、会社を経営する傍ら、コミュニケーションスキルアップを目的とする研修会社、株式会社ヒューマンコメディックスを設立、法人向け研修事業を開始。日本全国に「笑いのコミュニケーション」を広めるべく活動中。2015年、オフィスを東京・三軒茶屋から、海と山の自然に囲まれた鎌倉に移転。現在に至る(http://www.human-cx.co.jp/)。

コメント