オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

訪日外国人4000万人へ いま日本の飲食業界に求められていること

外国人来店を「やばい」から「やった!」へ

 2020年の東京五輪に向けて、多くの訪日外国人(インバウンド)による消費が期待されているなか、従来の「やばい、外国人が来た」などの対応では今後通用しません。これを「やった、外国人が来た!」に変えるには、どうしたらよいのでしょうか。そんな時に役立つ、6つの接客フレーズは以下の通りです。

1.いらっしゃいませ(Hi,how are you?)

2.はい、どうぞ(Here you are)

3.ご注文はお決まりですか(Are you ready to order?)

4.こちらのお皿をお下げしてもよろしいでしょうか(May I clear your plates?)

5.お客様の合計金額は◯◯円になります(Your total is ◯◯yen)

6.ご来店ありがとうございました(Thank you for dinning with us)

「まずはこの6つを完璧に覚えてください。あとはジェスチャーで何とかなります。明日からさっそく挑戦してみましょう」

(オトナンサー編集部)

1 2 3 4

コメント