オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「相手の気持ち考えて」は逆効果! 子どもは他人の心を推し量れない、まず共感しよう

「共感の言葉」から声かけを

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

 親は親同士の人間関係を大事にしたいがために、友達のおもちゃを奪い取ったわが子に「ごめんねは? ごめんねは?」と謝罪させようとしたり、自分のおもちゃを貸そうとしないわが子に「意地悪しないで貸してあげなさい。『いいよ』と言いなさい」と許容の言葉を言わせようとしたりします。その親の言葉を受けて「ごめんね」「いいよ」と言ったとしても、子どもは両者とも納得していないのです。

 おもちゃを奪い取った子どもは「とりあえず『ごめんね』」と言えば済む」と思い、同じことを何度も繰り返します。一方、譲ることを強要された子どもは「自分の気持ちを押し殺してまで相手を優先しなくてはならない」と幼いうちから思うようになってしまいます。

「自分中心」に生きている幼児期は、自分の気持ちを大切にされる経験を通して、相手の気持ちも分かるようになっていきます。ですから、大人はこう言いましょう。

「おもちゃが欲しかったんだね(共感)。でも、いきなり奪うのではなく『貸して』と言おうね」

「今、遊んでいるから貸したくないよね(共感)。でも、貸してほしいんだって。あと一回遊んだら貸してあげようか」

 大切なわが子の心の成長のために、まず子どもの気持ちを理解していることを示す共感の言葉をかけ、「こうすればいいよ」と具体的な行動を示しましょう。親しい間柄のママ友でないとなかなか難しいかもしれませんが、こうした解決法を教えることで、子どもは望ましい行動を取りやすくなると思います。

(子育て本著者・講演家 立石美津子)

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント