オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「相手の気持ち考えて」は逆効果! 子どもは他人の心を推し量れない、まず共感しよう

幼い子どもは基本的に「自分中心」です。自分ではない、他者の気持ちを推し量る「心の理論」は、どのようにして育つのでしょうか。

「サリーとアンのテスト」(C)松永夕露
「サリーとアンのテスト」(C)松永夕露

 わが子が友達のおもちゃをいきなり奪い取ろうとしたとき、こんな言葉をかけていませんか。

「お友達が嫌な思いをするでしょう! 相手の気持ちを考えて!」

「自分が同じようにされたらどう思う? だから優しくしないとだめよ」

 しかし、子どもには通じていないのです。なぜなら、自分ではない他者の気持ちを推し量る「心の理論」が、幼い子どもにはまだ育っていないからです。子どもは基本的に「自分中心」なので、自分の気持ちだけで突っ走ります。

想像力の発達を見るテスト

「マーブルチョコのテスト」(C)松永夕露
「マーブルチョコのテスト」(C)松永夕露

 心の理論に関する検査に、「サリーとアンのテスト」「マーブルチョコのテスト(スマーティ課題)」というものがあります。

【サリーとアンのテスト】

(1)サリーはかごを持っています。アンは箱を持っています。
(2)サリーは持っていたボールをかごの中に入れて、部屋を出ました。
(3)アンはそのボールをかごから出し、自分の箱に入れました。
(4)そこへ、サリーが帰ってきました。ボールで遊びたいと思いました。
(5)さて、サリーは、かごと箱のどちらを探すでしょうか?

 答えは「かご」です。この問題は、サリーの立場に自分を置き換えることができている場合に正解できます。

【マーブルチョコのテスト(スマーティ課題)】

女性「この筒の中に何が入っていますか?」(筒にはマーブルチョコの絵が描かれている)
子ども「マーブルチョコ」
女性「違います。ここには鉛筆が入っています(鉛筆を出して見せる)。ところで、太郎が来たら、何が入っていると答えると思いますか」
子ども「鉛筆」

 これは、心の理論が育っていないことで導き出される、間違った答えです。太郎の立場に立ってみたら、そこに鉛筆が入っている事実を知らないのですから、「マーブルチョコ」と答えるはずですよね。

 これらのテストは「自らの視点ではなく、相手の立場に立って物事を判断することができるか」を調べる発達検査の一つです。発達障害に代表される自閉症のある子どもは、社会性やコミュニケーション、想像力の発達の遅れがあるため、心の理論の獲得が遅く、小学生になってもこうしたテストに正解ができないことがあります。

時期が来ないと育たない「心の理論」

 私の息子は知的障害を伴う自閉症児です。19歳ですが、診断テストの正答率はかなり低いものでした。所見には、こう書かれていました。

「○○君(息子)は、目に見えた事実そのものは理解できますが、他者がどう思っているかということなど、他者の視点を理解することが難しい様子でした。また、話の文脈から状況理解をすることも難しく、相手が話している内容をそのまま受け取ってしまう傾向もみられました。○○君は状況を察することが難しいので、一つ一つ説明をすることが必要だと思われます。また、他者視点の弱さもあるため、周りがどう思っているかなどの説明が必要です」

 自閉症でなくても、4歳くらいまでは心の理論が育っていないといわれています。社会性がまだ育っていないので「相手の立場に立って」はハードルが高いのです。この時期は、いきなり友達のおもちゃを奪い取ったり、たたいたりしてトラブルが多発します。「早く集団に入れれば社会性が育つだろう」と勘違いしている親御さんもいますが、0歳から保育園に入れた子どもの方が、3歳から幼稚園に入れた子どもよりも社会性が早く育つわけではありません。時期が来なければ育たないものもあるからです。

 こんなときは、相手の気持ちがどうこうではなく、「欲しいときはかみついたり、たたいたりしないで『貸して』と言おうね」と代替案を示したり、まだ言葉を発していないなら「貸して」と手を出す動作を大人が見せて、まねさせたりしましょう。

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント