オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ワイシャツの襟が真っ白に! 自宅でできる簡単クリーニング法

火傷のリスクが気になる人には……

 ただし、割りばしなどの小道具がたくさん必要になる点と、やかんの蒸気による火傷のリスクも考えて、田村さんがオススメするのが「つけ込み漂白」という方法です。シミの部分だけでなく、全体の黄ばみの元を除去できる特徴があります。

 用意するのは洗面器、お湯、粉末酸素系洗剤、液体漂白剤。手順は以下の通りです。

1.液体漂白剤キャップ1杯分をワイシャツのシミに直接つけて2~3分待つ

2.50度ほどのお湯を洗面器の8分目まで入れる

3.洗面器のお湯に粉末酸素系洗剤を大さじ2~3杯程度溶かす

4.「2」「3」で用意した洗面器にワイシャツを30分間つけ込む

5.ワイシャツを普段通り洗濯機で洗う

 この方法ならば、カレーやワインの汚れ、黄ばみも一度に落ちる可能性大です。

(オトナンサー編集部)

1 2

田村嘉浩(たむら・よしひろ)

三共クリーニング社長

東京・旗の台で1927年から続く三共クリーニングの3代目社長として、テレビや雑誌など各種メディアで活躍する。クリーニング技術を研究する、NPO法人「日本繊維商品めんてなんす研究会」事務局長も務める。お客さまのファッションケアに関する難問を解決するため、洗濯・クリーニングに関する相談などを受け付け、広くクリーニング技術の啓蒙に力を注いでいる。三共クリーニング(http://www.sankyo-c.com/)。

コメント