オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

なぜ「2時間枠」は減る一方なのか? 「赤い霊柩車」など人気シリーズはどうなる?

フジテレビの2時間番組枠「金曜プレミアム」が、1時間枠のバラエティーに変わることが報じられました。その背景や今後について、テレビ解説者が解説します。

「赤い霊柩車」主演の片平なぎささん(2015年1月、時事通信フォト)
「赤い霊柩車」主演の片平なぎささん(2015年1月、時事通信フォト)

 8月16日、フジテレビの2時間番組枠「金曜プレミアム」が9月で終了し、1時間枠のバラエティーに変わることが一斉に報じられました。

 同枠は1984年に「金曜女のドラマスペシャル」(当時は午後9時台から2時間)としてスタートし、「ザ・ドラマチックナイト」「男と女のミステリー」「金曜ドラマシアター」「金曜エンタテイメント」「金曜プレステージ」「赤と黒のゲキジョー」と名前を変えながら、現在の「金曜プレミアム」(午後8時台から2時間)まで放送されてきた約35年半の歴史を持つ長時間枠。

 なぜ、フジテレビは局の看板とも言える長時間枠を終了させるのでしょうか。どんな影響があり、何が不安視されているのでしょうか。フジテレビに限らず民放各局を含めて、長時間枠の現在と未来を掘り下げていきます。

人気さえあればシリーズコンテンツは安泰

「金曜プレミアム」の終了による反響で最も目立つのは、シリーズコンテンツへの不安。

 実際、ドラマの「赤い霊柩車シリーズ」、報道ドキュメンタリーの「池上彰スペシャル」、バラエティーの「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」などの人気コンテンツが「今後どうなってしまうのか」という不安の声が、ネット上に飛び交いました。

 ただ、これらの人気コンテンツは、秋以降、フジテレビ唯一の2時間番組枠となる「土曜プレミアム」に引き継がれる可能性大。長年放送してきたことによる勤続疲労があるとはいえ、視聴者の反発を避ける意味でも、予告なく終了させるとは考えにくいところがあります。

 また、「これまで2つあった2時間番組枠が1つになることで、放送機会が半減するか」といえば、必ずしもそうではありません。現在、民放各局の番組編成は、良く言えば「柔軟」、悪く言えば「形だけ」の流動的なスタンス。1時間のレギュラー番組も、通常放送より2時間特番の方が多く、逆に「2週間放送がなかった」というケースも少なくありません。

 つまり、「『金曜プレミアム』で放送されていたコンテンツをいつでも単発特番として放送できる」ということ。人気さえあれば、前述したシリーズコンテンツは曜日を変えて放送されるでしょうし、それが「結局同じ」となる金曜夜の可能性もあります。

1 2

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間20本強のコラムを提供するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、新番組と連ドラはすべて視聴するなど1日のテレビ視聴は20時間超(同時含む)。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント