オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

上司に「お手すきのときに」と仕事を頼む人は、成果を出せない

ビジネスで相手を動かすための“伝え方”について、人財育成、組織活性化の講師として活動中の沖本るり子さんに聞きます。

相手を動かすための“伝え方”とは?
相手を動かすための“伝え方”とは?

 相手に話を伝えても、ビジネスでは相手が動いてくれなければ意味がありません。伝えて相手が動くことで初めて、成果といえます。伝わらなければ、何の価値もありません。今回は、「5分会議」を活用した人財育成、組織活性化の講師として活動中の沖本るり子さんに話を聞きます。近著に「期待以上に人を動かす伝え方」(かんき出版)があります。

忙しい上司に相談したいときには

 上司に話をする際、何が言いたいのか分からない内容では相手をイライラさせてしまいます。相談内容を明確に伝えなければいけません。ここで、沖本さんから質問があります。あなたは人事部に所属する人事担当者です。上司(部長)に、退職希望を出している社員(佐藤さん)の扱いについて相談する場面を想定してください。次の、AとBのどちらが正解でしょうか。

【ケース】退職希望を出している社員について上司に相談する

<回答A>
総務部の佐藤さんは、もともとこの会社に入社するときは、本社のマーケティング部で働きたかったそうです。面接でもそのように伝えたそうです。それで、いろいろ学んで、マーケティングの知識を習得してきたようです。もし、佐藤さんが辞めたら、責任問題に発展しかねません。離職率が上がったら会社としても困りますよね。

<回答B>
部長、お時間を頂きありがとうございます。相談内容は、佐藤さん退職の件です。理由は、マーケティングの仕事ができないなら退職したいというものです。私の考えとしては、マーケティング部に異動させれば、退職を考え直してもらえると思います。部長ならどうされますか?

「このケースでは、自分なりに迷っていることを提示して、相談内容はあくまでも参考意見として聞くということを上司に伝える必要があります。部長に判断を委ねて、自分の意見を参考程度として伝える『回答B』が好ましいでしょう」(沖本さん)

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書はビジネス書を中心に11冊。2018年1月「あなたの文章が劇的に変わる5つの方法」(三笠書房)は即重版、同10月「即効! 成果が上がる 文章の技術」(明日香出版社)は発売1週間で重版。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TL:@k_bito

コメント